オカリナ・ピアノ奏者 喜多ゆみさんをご紹介!!


夢をあきらめないで

難病アジストニアをご存じでしょうか?ジストニアは、脳(主に大脳基底核)や神経系統の何らかの障害により、持続的または不随意的に筋肉が収縮したり固くなったりする難治性の疾患です。講師 喜多ゆみさんは、フルート演奏家として活動中に、難病アジストニアを発病されました。もう一度、演奏家として活躍する為、ジスとニアと向き合い、日々努力するも、その症状はますます重くなる一方でした。

アレクサンダーテクニークとの出会い

アレクサンダーテクニークとは、F.M.アレクサンダー氏の発見した原理にもとづいて、心身の不必要な緊張に気づき、これをやめていくことを学習する事です。夢や希望が見えない“超低空飛行”の毎日は、ただ生きているだけの時間でした。そんな中、アレクサンダーテクニークと出会い、再起に向けての希望を持つようになられました。

15年ぶりのステージ

オカリナを持ち、震えるからだと思うようにならないジストニアの症状を感じながらも、想いを込めて息を吹き込み、この時演奏した「いのちの歌」は、人生を変える曲となりました。また、アレクサンダーテクニックを取り入れた、独自の「ゆるだるストレッチ」を開発。その指導をしながら、ジストニアの認知度を上げる活動をはじめ、講演会やオカリナの演奏でご活躍されています。

~幅広い主催団体様におすすめ~

福祉大会、教育講演会などにおすすめです。
オカリナの音色は、「涙がとまらない」「癒される」「愛ある音色」と評されています
是非、一度プロフィールをご覧ください。
相談・見積り無料!コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 喜多ゆみ プロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 森本啓仁