ホスピタル・クラウン 大棟 耕介さんをご紹介します!


クラウンが語る、笑いのチカラ

クラウンK(ケイ)こと道化師の大棟耕介さんは、「すべての子どもに笑いを」という想いを胸に、病院をたずねて患者に笑いを届けるホスピタルクラウンとして活躍しています。

ホスピタル・クラウンの一流のパフォーマンスによって、失語症の子どもが口を開き、寝たきりの子がはしゃぎ回り、表情のない子どもが笑顔を取り戻します!
病院のはりつめた空気は明るくやわらかくなり、誰もが笑顔になる、まるで魔法にかけられたような時間が流れます。


◇ホスピタルクラウン公式ページ

著書『ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師』は2008年にフジテレビ系列でドラマ化されました。

『笑い』の大切さ

笑いには人を癒す力があります。

闘病中の子どもたちだけではなく、普段のコミュニケーションや社内環境の改善などにも役立ちます。
自分が相手を笑わせることも必要ですが、「笑ってもいいんだ」という雰囲気を作ることで自然に笑顔が生まれ、本音を言い合える環境が作られます。
また「笑い」はおもてなしと切っても切り離せない大切なポイントです。「いいサービス」と「笑い」はいつもセット。
講演会では、23年間のクラウンパフォーマンスで培われた、生きたおもてなしをお伝えします!

『道化師流コミュニケーションとサービス』

企業向け、コミュニケーション、安全大会、おもてなし、人材育成・社員研修などに。
学校・PTAほか教育関係には、「今を大切に」「夢への挑戦」を語ります。

幅広い主催者様にオススメの講師です!是非一度プロフィールをご覧ください。
相談・見積り無料!コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

大棟 耕介さんプロフィールはこちら

ご相談は、見積り無料!コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。
※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。