摂食障害を乗り越えたプロフィギュアスケーター 鈴木明子さんをご紹介します。


鈴木明子さんは6歳からスケートを始められ、15歳で全日本選手権4位となり注目を集めました。
2014年に開催されたソチオリンピックでは、初めて正式種目となったフィギュアの団体で日本キャプテンとして出場。
個人戦ではオリンピック2大会連続の8位入賞を果たし日本中に感動を与えました。
現在はプロフィギュアスケーター、振付師としてご活躍されています。

女性選手の健康守れ
(読売新聞記事)

ジュニア時代から注目を集めていた鈴木明子さんですが、大学進学後摂食障害を発症

体重が重くなると体の動きが鈍くなり足にも負担がかかるフィギュアスケート。
体重管理のための食事制限をしているつもりがだんだんと食べられなくなり、鈴木さんの体重は一時期32㎏まで落ちました。

苦悩の日々を送りながらも「スケートが大好き」という気持ちが支えになりました。

「ひとつひとつ。少しずつ」

講演会では、摂食障害というハードルを乗り越えて、少しずつ少しずつ前に進み、オリンピックで戦える体を取り戻して2度の入賞に輝いた経験から、強い自分も弱い自分も受け入れて、少しずつでも前に進んでいればきっと目標に手が届くことと、ひとつひとつ課題をクリアしていくことの大切さをお伝えします。

夢・チャレンジ、子育て、食育、青少年育成講演会などにおすすめの講師です。
是非、コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 鈴木明子さんプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。
ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。