仲島正教さん 講演会講師のご紹介


教育サポーター 仲島正教さんは、26年間教育の現場に立ち、現在は若手教師を元気にする勉強会を中心とする教育サポーターとして活躍されています。

10秒の愛

子どもって、忙しいときに限って、寄ってきます。
子どもって、なかなか さっさとできません。
子どもって 、なかなか はっきりと言えません。
でも、たった10秒でいいのです。まず子どもを抱きしめてあげてください。
たった10秒でいいのです。「早く!」って言う前に待ってあげてください。
たった10秒でいいのです。せかさず、じっと聞いてあげてください。
すると、そこに「笑顔」が生まれます。そこにつながりが生まれます。

たかが10秒、されど10秒「10秒の愛」は子どもを幸せにするのです。

忙しい毎日の中で後回しにしてしまいがちな子どもとのふれあいについて、10秒だけでも、子どもと真剣に向き合おうという子育ての合言葉です。
「抱きしめる10秒」「聞いてあげる10秒」「待ってあげる10秒」…

「今はあかん!忙しいからあとで」と言っても、あとはありません。子どもは心を充電してほしいときがあるのです。たかが10秒、されど10秒です。

「心の銀行」~優しさという温かい貯金~

子どもから大人になっていくときに、心の銀行に優しさの貯金があれば、それを使いながら辛いことを乗り越えられます。

友達や家族が辛い時に、その優しさの貯金を分けてあげられます。優しさの貯金を持たずに大人になった子は、辛いことがあった時に「何をやってもだめなんだ」「適当にいこう。もういいや」と、投げやりの態度になり、自分にも他人にもきついことをいってしまいます。

優しさの貯金が心にあるかないかで生き方が変わります。優しさの体験が「心の銀行」に貯金されるのです。

* * *

このほかに、「見えないものを想像できる力」「子どもの未来の応援団」「自己肯定感」など、心に響く言葉を具体的な事例を交え、身振り手振りを交えながら表情豊かに話されます。関西弁のユーモアたっぷりの語り口が好評の講演です。

子育て、教職員研修、人権・同和、まち・地域づくりなどをテーマにした講演会におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>仲島正教さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


遙洋子さん 講演会講師のご紹介


遙洋子さんは、大阪弁を活かした喋りでおなじみのタレント、そして作家。

読売テレビ「ときめきタイムリー」上岡龍太氏と共に司会を務め、本格的なタレント活動を開始。1997年から3年間、東京大学・上野千鶴子教授のもとでフェミニズム社会学を師事、その集大成として著した「東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ」がベストセラーになり話題になりました。

皆が輝いて生きるために

※講演の様子

講演では、タレントから作家まで、それらの職業から見る独自の人生観をお話します。
女性学の視点も取り入れながら、男女共にどうしたら自由に輝く人生を送ることができるかを提言。自分らしく働くということや、自分らしい人生の選択について、その秘訣をお届けします。

>過去の講演の様子

人権問題、男女共同参画、女性問題、介護・福祉をテーマにした講演会におすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>遙洋子さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


幸島美智子さん 講演会講師のご紹介


 

幸島美智子さんは、警察官のキャリアと子育て経験を基に、「我が子を犯罪者にしない子育てこそが、日本の治安回復に直結する」と、犯罪予防に取り組んでいます。

現在は、全国各地PTAの他、教職員、教育関係者、保護者を対象とした青少年の健全育成のための講演会講師として活躍されています。

子どもを犯罪の被害者・加害者にしないために

近年子どもが犯罪に巻き込まれるケースが増えています。
また虐待やいじめの事件報道も絶えません。子どもたちを守り、健やかに成長させるために必要なことを自身の子育て体験や経験を交え具体的にアドバイスをしていただけます。

例えば子どもに、「変な人について行ってはダメ」といってもよく分かりません。
具体的に、「あなたような小さな子に、わざわざ車を止めてまで道を聞いてくる大人は絶対に悪いことを考えているんだよ」と伝えることや、車の窓が開いて話しかけられたときに、実際に手を伸ばして捕まる距離感を、親が子どもにつかませることも大切です。

講師からのメッセージ
子どもたちの健やかな成長は、日本の将来にとってとても重要です。ところが、子どもたちを取りまく問題として、いじめ、虐待が増え続けています。
子どもたちに卑怯なことは恥ずかしいことだと教えられる親たちが増えることを願って、講演活動を続けております。

いのち・絆・家族、自殺予防、子どもの人権をテーマにした講演会におすすめの講師です。子育てに迷う親や、防犯に取り組む人たちに大きな力を与える内容です。ぜひ一度プロフィールをご覧下さい。

 
※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

堀尾正明さん 講演会講師のご紹介


堀尾正明さんはNHKアナウンサーとして、「難問解決!ご近所の底力」や、福祉番組、スポーツ番組など幅広い分野の番組で活躍されています。

2008年にNHKを退職され、現在はフリーキャスターに転身。多数メディアで活躍する傍ら、シンポジウムの司会や、講演活動にも力を入れておられます。

あなたが主役でまちが輝く~地域の底力のヒミツ~

NHK時代の「ご近所の底力」という番組で、全国各地の地域活動を取材し、ご近所の底力を発揮するためには、柔軟な発想と実際に行動することが必要だと感じたそうです。

地域活動はコミュニケーションそのものです。
地域においてどのような関係を作っていくかということにおいても、会話力は重要と言えます。
例えば、家に閉じこもりがちな一人暮らしの高齢者の方を外に連れ出す、あるいは、若者の心をとらえるといった意味でも、もっともっと会話する、言葉に出す、そして人の話を聴くということを、意識を持って心がけていくことが大切です。

そうしていくことで、地域のコミュニケーションが広がり、子ども会の復活、お祭りの復活、防犯・防災活動も盛んになっていくのではないでしょうか!

ご近所の底力を発揮するヒント「あいうえお憲法」
ア アイデア
イ インタレスト 興味を持つこと
ウ ウォーク 動くことが重要
エ エキサイト 興奮することで継続できる
オ オリジナリティー 独自の活動が話題になり集客につながる

幅広い主催者におすすめ

講演では、小さいころの長屋暮らしの経験をユーモアたっぷりに交えながら振り返りながら、「人口が減少し自治体の税収も減り、行政サービスにも限界が出てくる。これからは住民が力を発揮し、自分たちができることは自分たちでやることが大事」と語られます。

包括ケア・地域づくり、高齢社会などをテーマにした、福祉大会、生涯学習講演会、文化講演会などにおすすめの講師です。また、環境問題や防犯についてもお話されます。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>堀尾正明さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話 06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホー ムページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


増田明美さん 講演会講師のご紹介


TBS系列「マツコの知らない世界」出演!

日本女子マラソン界で数々の記録を打ち立て、現在はスポーツジャーナリストとして活躍中の増田明美さん。

2018年には、日本パラ陸上連盟の会長に就任し、東京五輪に向け「選手の応援団長になる」と決意表明されました。

自分という人生の長距離ランナー

千葉・成田高時代から次々と日本記録を樹立するも、20歳で出場したロサンゼルス五輪では途中棄権。帰国直後の成田空港では心無い言葉を浴びせられ一時外出できなくなるほど落ち込みました。そんなとき、多くのファンから手紙で「マラソンは長いが、人生はもっと長い」と励まされ助けられたそうです。

その後2年間アメリカの大学へ留学し、オリンピックの金メダリストらと共に過ごされました。コーチから「結果にこだわりすぎず、結生きていてハッピーだと思うときに良い結果が出る」と言われ、考え方が変わったそうです。

失敗や挫折を乗り越え復活を果たし、1992年に引退するまでの13年間に日本最高記録12回、世界最高記録2回更新という記録を残されました。

マラソンというスポーツを通して、人生・生きることの素晴らしさを、流暢な語り口で楽しくお話いただきます。健康講演会、文化講演会、生涯学習講演会などにおすすめの講師です。

走って、転んで、また起き上がる…そんな人生をエールする元気の出る講演会です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>増田明美さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。