【講演レポート】3/10大阪府内にて、ミスターかわづさんのサイレントマジックショーを開催!


平成31年3月10日(日)に、東大阪市にて人権講演会が開催されました。
会場である荒本人権文化センターは、様々な人権問題に対する認識を深めること目的とし、毎年「あらもと愛ふれあい21」を開催しています。

デフマジシャンの不思議な世界

ミスターかわづさんは生まれた時からまったく音が聴こえません。
ふとしたことからマジックに出会い、今や海外も含めて、各地でマジックを披露する、デフマジシャンとして活動しています。

難聴者であるミスターかわづさんのマジックショーをサポートするのは、木原順子さんです。
ミスターかわづさんの手話の読み取り通訳や、マジックのアシスタントのほか、舞台袖から合図を出したりと、目となり耳となり、息の合ったコミュニケーションでマジックショーを作り上げていきます。

お客様も巻き込んで…

「聞こえているのでは!?」と思わせる音楽とぴったりと合ったマジックに、会場は大きな拍手と歓喜の声に包まれました。

講演の途中には、木原さんによるかんたんな手話の挨拶講座もありました。

いただいた感想を一部抜粋してご紹介します!

  • 参加型で楽しく、不思議でお見事なマジックでした。
  • たくさんのマジックをしていただき十分に楽しめました。マジシャンのパートナーの木原さんも、とても笑顔が素敵で感動しました。
  • とても楽しかったです。もう一度見たいです!
  • たいへん素晴らしく感動しました。とても不思議で大変よかった。楽しい時間でした。有難う。

マジックを通して、手話を知らなくても、身ぶりなどで通じ合うことができること、いっしょに楽しむことができることを学ばせていただきました。

ミスターかわづさんの講演&マジックショーは、障がい者人権、青少年育成、学校芸術鑑賞会、パーティ、敬老会、文化祭などイベントにおすすめです。

>ミスターかわづさんプロフィール

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。