【講演レポート】大阪府内で京大教授・藤井聡さんの講演会開催!


関西経済をリードする有力企業の会長、社長、相談役の交流会において、京都大学大学院工学研究科教授・藤井聡先生の講演会が開催されました。
藤井先生は「報道ランナー」(関西テレビ)や「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(朝日放送)にもレギュラー出演中の人気講師です。

消費増税でどうなる日本経済!?

今回は「消費増税と日本経済の行方」と題して、現在、政府が消費税10%への引き上げを推進していることに対して異を唱え、増税にともなうリスクとなぜ「今」実施してはいけないのかを分かりやすく解説していただきました。
先生は「消費増税に対して全否定をしている訳ではない」、という前置きをされた上で 、デフレ状態にある現日本経済における増税のリスクを過去の統計や世界経済との対比を例にお話しされました。

衝撃だったのは過去20年の世界の経済成長率と日本のそれとの落差です。
世界平均でいうとGDPは240%に成長しました(端的にいうと所得が20年で2.4倍に増加した)。世界一の大国であるアメリカのGDPも飽和することなく世界平均水準の236%にUP。中国に至っては1440%にUP!!
そんな中、成長率が80%と世界で唯一マイナス成長だったのが日本。つまり20年で日本だけが、国民の平均所得が2割も減ってしまったということです。
では、その大きな要因は何か。遡ること22年前、1997年に施行された消費税の増税です。バブルが崩壊して、経済がガタガタの中、消費増税により、平成の大不景気時代に突入した、というのが大半の見方です。
先生は、これと同じことが繰り返されると強い警告をされました。

また、メディアがミスリードする国債の仕組みやデフレスパイラルの構造等を解説され、未来を切り開くための投資戦略を語られました。
詳しくは
『「10%消費税」が日本経済を破壊する』(晶文社)
『インフラ・イノベーション』(扶桑社)
などが参考になるかと思います。

藤井先生の講演は分かりやすい解説と気さくな語り口で大人気!
日本経済再生、デフレ脱却、地方活性などを経済に関するテーマで講演会をお考えの方にお薦めの講師です。是非、コーエンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。

講師 藤井 聡さんプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。

投稿担当:オフィス愛  営業 上田 晋司