「笑い」という魔法の薬を届けたい- 漫談家・介護福祉士 メイミさんをご紹介します!


介護業界に笑いを提供

「笑って長生き」をモットーに活動する、漫談家で介護福祉士のメイミさん。

高齢者介護の仕事で出会ったエピソードを漫談にして、「介護とお笑い」というカタチを作り上げ、笑いを通じて介護の魅力と、生き生きと楽しく毎日を過ごすためのヒントを届けています!

高齢者向けのお笑いを目指して

大手お笑いプロダクションに所属し活動していたメイミさん。あるときもっと活動の場を広げたいと思い、フリーになりました。そこで、さて何をしよう?と考えていたときに、老人ホームでパフォーマンスをしたことを思い出したそうです。

観客のおじいちゃんおばあちゃんがネタにつっこみを入れてきたり、いつものライブではあり得ないハプニングの連続。それがむしろ会場にいるみんなでその場の雰囲気を作っているとを感じました。そこで、「高齢者向けのお笑いで新しい道を切り開いていくのも面白いかもしれない!」と活動を始めることに。

最初はどうやったら笑ってもらえるの分からなくて悩んだというメイミさん。
その時に、介護者を募集している求人の張り紙を近所のデイサービスで見つけ、「これだ!」とひらめき、ヘルパーの資格を取って働くことに。高齢者と触れ合うなかで、笑うことや何かを楽しむことから遠ざかっている方が少なくないことを知り、介護と笑いの関係性を持たせながら活動したいと考え始めて、現在の「介護とお笑い」という形が出来上がっていったそうです。

高齢・福祉、介護、笑いと健康などの講演会におすすめ

実際のエピソードを基にした「介護漫談」と、パフォーマンスを交えた、聴くだけでなく参加できる講演会です。
介護を知らない人にも「介護の仕事ってなんか面白そうだな」と知ってもらえるきっかけにもなりますよ。
笑って心も身体も元気になりましょう!是非一度プロフィールをご覧ください。

>メイミさんプロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。