【第4回】特集:防災講演会 ~気象情報の活用編~


大阪北部地震や記録的な豪雨災害など、記録的な災害による被害が見られた7月。
日本は、地震、水害などの災害が発生しやすい特性があり、こうした災害はどこでも起きる可能性があります。

知っていれば、行っていれば、守れたはずの命もあるかもしれません。災害の悲劇を防ぐために、これを機会に今いちど防災について学ぶ講演会はいかがでしょうか。コーエンプラスでは今週からテーマ別に防災関連の講師をご紹介いたします。

「関西の朝の顔」としておなじみ!
天気予報士・防災士 正木明さん

朝日放送「おはようコールABC」「おはよう朝日です」にて、20年以上天気予報を担当する正木明さん。関西ではすっかり朝の顔としておなじみの天気予報士さんです。

地球温暖化など要因により、突発的におこる突風(竜巻)やゲリラ豪雨、鉄砲水等、異常気象が多発する近年。正木さんの講演では、過去の事例、災害当日の天気図を振り返りながら、自然災害を防ぐための気象情報の見方をご説明いただけます。また、天気予報の実演やお天気に関する質問にもお答えいただけます。

テレビでおなじみの柔らかな語り口で、子どもでもわかりやすいと好評の講演です。
>正木明 プロフィールはこちら

災害多発時代の心得を、予報と防災のプロが伝授!
NHKニュースの「お天気お兄さん」斉田 季実治さん

NHKニュースでおなじみの「お天気お兄さん」、斉田 季実治さん。

私たちは、日々暴風警報、大雨警報、津波警報…様々な気象情報に触れています。
それでもなお、同じような気象条件、同じような場所で、人の死は繰り返されているのが現状です。

斉田さんの講演では、台風、大雨、雷、竜巻、大雪、熱中症、地震(津波)、火山等、様々な自然災害について、その基本メカニズムについて説明。さらに、予報・警報の見方などを踏まえつつ、それをいかに実際の「いのちを守る行動」に結びつけるかに焦点をあてて解説いただけます。

「いのちを守る」ためにある気象情報を生かす「気象情報入門」です。
>斉田季実治 プロフィールはこちら

その他講師について

他にも弊社HPに、防災関連の講師を多数掲載しています。

>防災関連 講師はこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽に ご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。