宮本延春さん(作家/エッセイスト/元高校教諭)をご紹介します。


いじめられっ子で、成績は”オール1”。
中学を卒業する時には”九九”も全部言えなかった。

著書「オール1の落ちこぼれ、教師になる」で一躍注目を集めた宮本延春さん。現在は自閉症の我が子のケアをする傍ら、講演や執筆活動を通して、子どもや大人を元気にしたいと活動されています。

オール1の落ちこぼれ、教師になる。~出逢いの奇跡~

※講演の様子

講演では、宮本延春さんがどのような人生を歩んできたのか、出会いと、人生の学びについてお話します。

小学校、中学校時代のいじめが原因で学校が嫌い、勉強が嫌いになり、自殺未遂を2回経験。中学を卒業するときには、九九は2の段まで、漢字は時分の名前しか書けませんでした。

16歳で母が、18歳で父が亡くなり、兄弟も親戚もなく、天涯孤独に…しかしあることをきっかけに物理に目覚めて名古屋大学物理学科に進み、大学院進学の後に高校教師になり母校の教師になりました。

壮絶な人生経験から、困難に立ち向かう大人や若者にとって逆境を克服し、大きな夢を持つことが確信できる心に響く内容です。

子育て講演会、教育講演会、PTA講演会などにに是非、おすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>宮本延春さん プロフィールはこちら

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。