大前光市さんが読売新聞に掲載されました!


2017年のNHK紅白歌合戦で平井堅さんと共演し、話題を呼んだ義足のプロダンサー・大前光市さん。

リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式でもパフォーマンスを披露し、会場を沸かせました。

今回は、大前さんが事故で義足となってから、唯一無二のダンサーとなるまでの葛藤や挑戦についてのインタビューが掲載されました。

講演でも、「できない」をかけがえのない特徴として受け入れ、自分にしかできないダンスを愛し、障害の向こうにある可能性を切り開いてきた大前さんのこれまでの軌跡についてお話いただけます。

さらに、講演ではお話に加え、ダンスパフォーマンスも披露いただけます!

※ダンスの様子

>講演の様子はコチラ

「片足なのにすごい」ではなく、本当に素晴らしいダンサーであることは、その踊りを見れば一目瞭然です。

しかし、片足だからこそ、その精神力や努力、苦悩も人一倍であったことも確かです。

「踊る喜び」を忘れずに再出発をして成功を掴んだ大前さんの姿勢に、挑戦することの大切さを実感できる講演です。

>大前光市さん プロフィールはこちら

※講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。