原 千晶さん(タレント)をご紹介します。


2度の子宮がんを経験して―
「大切にしたい自分の身体」

原 千明さんは20歳のときに「クラリオンガール」に選ばれて芸能界デビュー。女優やモデルを経て、現在はラジオのDJやテレビのコメンテーターとしても活躍中です。

30歳で子宮頸がん、35歳で子宮体がん、2度のがんを経験。以来「命に関わる何かにぶつかって「知らなかった」では遅すぎる」と、病気に対する意識・検診への啓発を行っています。

怖くてもがんから目を背けないで

20代には月経時の違和感から、たびたび婦人科系の病院を訪れていた原さんでしたが、がんを疑ったことは1度もなかったそうです。
しかし、30歳を過ぎて腹痛やおりものの量に異常を感じて病院に行ったときに子宮の入り口にできた腫瘍ができていることが判明―医師からは、「取って検査しないと分かりませんが、がんではないでしょう」と言われ、「まさか、30歳でかかることはないだろう」と、不安はすぐに消えました。しかし、病理検査の結果は子宮頸がんでした。

「再発したりしたら大変だから、早いうちにお腹を切って子宮を全部取った方がいいと思う」と主治医に勧められた原さんは、がん告知よりも子宮を取らなくてはいけないという言葉に衝撃を受けたと話します。
再発すると決まったわけでもないのに、なぜ子宮を取らなければならないのか… 子どもを授かるチャンスを失うことに涙が止まりませんでした。 そんな葛藤もあり、両親の説得で一度は手術を決意しましたが、月1の検診を受けることを条件に手術をキャンセルしてしまいます。

その後2年間は先生との約束どおり毎月病院に通っていました。そうすると毎回検査結果をクリアしていくうちに「大丈夫、大丈夫、再発も転移もしない、このまま逃げ切れる」と自分の都合のいいように思うようになっていき、気づいたら病院に行くのをやめてしまいました。

これが、原さんにとって1番の過ちだったことにのちに気づかされます。

「再発かもしれない」と思ったのは、子宮頸がんの治療から間もなく5年が過ぎようとするころのことでした。 病名は「子宮体がん」でステージはⅢ。5年前に手術を受けなかったことへの後悔が渦巻き、検診をおろそかにした自分を責めました。そのとき支えてくれたのは、交際していた今のご主人と母の言葉でした。「子どもが産めなくなるなんて考えるな。君の命が一番大事だ」と彼はいい、母は泣きたい気持ちをぐっと抑えて「大丈夫、私が付いているから」と言ってくれ支えてくれたそうです。

現在はメディア出演の傍ら、「今日の私があるのは、多くの人の支えがあったから。今度は私が支えになる番です」と、自らの体験を多くの人に語り続けています。

>過去の講演の様子はこちら

原千晶さんの講演は、命・絆・家族、健康講演会、自殺予防、男女共同参画、闘病体験などにおすすめです。是非一度プロフィールをご覧ください。

>原 千晶さんプロフィールはこちら

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。