特集コーナー

成功する講演会の作り方④~成約してからの流れ~

2017年07月27日

正式に成約してから講演日まで、どのように準備をすすめれば良いのか。
また当日、何を準備すれば良いのか、講師の方が何時に何処に到着されるのか。
主催担当者の方は、様々な不安があるかと思います。
コーエンプラスの営業担当が、迅速かつ丁寧に対応いたします。

「確認書」と「企画書」について
まず、成約が確定してからコーエンプラスの営業担当より「確認書」という書類をメール、FAXのいずれかでお送り致します。成約してから開催日までの間、スムーズに打ち合わせができるよう、「確認書」に開催時間、会場情報、講演テーマ、最寄の駅、又は空港などの詳細をご記入して頂き、再度、ご返信をお願いしております。

その確認書をもとに、必要な準備物、交通行程、見積書、契約書等、必要書類を「企画書にして郵送いたします。
講師によって準備物も様々ですので、成約した講師が音響や落語セット、もしくはスクリーン、プロジェクター・パソコンを使用する講師なのか、そのような詳細も「企画書」に明記しております。もちろん、営業担当者からも分かりやすくご説明させて頂きます。

告知物について
当日の講演会に向けて、ポスターやチラシなどの告知物を作成されると思います。
コーエンプラスでは、講師から頂いた使用可能な写真とプロフィールを主催担当者様にメールデータにてお送りいたします。
※注意点として、校正の段階で一度、講師に確認をとりますので、コーエンプラスの営業担当までご提示して頂くよう、お願いしております。

物販販売について
当日、会場にて物販販売(書籍・CDなど)を希望される講師の場合、販売が可能か否かご確認して頂く必要がございます。可能な場合、講演終了後に講師の方が直接販売して、ご購入してくださったお客様にサイン会をして頂ける講師の方もいらっしゃいます。
基本的に、つり銭の受け渡しや販売は講師や同行するスタッフがいたしますが、場所の確保やお客様の整列などはお願いしております。その都度、ご相談いたしますのでお気軽にコーエンプラスの営業担当までお問い合わせください。

コーエンプラスは、成約した講演会が滞りなく成功するよう、これまでの実績をもとに
誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。
どんな些細なことでも結構ですので、気になる点がございましたらご連絡ください。

一覧へ戻る

Page Top