彦坂 朝子

ひこさか あさこ
彦坂 朝子

肩書き
助産師
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

助産師の彦坂朝子さんは、死と生が交錯する救命救急に携わり、いのちの誕生の瞬間と共に24年間、市民病院や産婦人科に勤務。二度の“がん(乳がん・子宮がん)”から生還した共感と感動を生み出す『いのちの言葉~消えゆく生命と誕生する生命から~』を届ける。

プロフィール

1959年生まれ。
中学卒業後、名古屋医師会准看護婦学校(1977年3月卒業)、定時制高校を経て、昭和1982年4月名古屋市立大学看護学校入学~1985年3月卒業し、正看護師資格取得。
卒業後、名古屋市立大学病院に4年間勤務(ICU)。その後1987年4月国立名古屋病院付属看護助産学校助産科に進学し、~1988年3月卒業、助産師資格取得。
卒業後、助産師として24年間にわたり、愛知県知多市民病院や県内産婦人科医院に勤務。医療従事者と患者という両面から命、医療、福祉などをテーマに講演活動を行う。

【病 歴】―乳がん・子宮体がん―
助産師として勤務していた2003年、43歳の時に乳ガンと診断され、手術・抗がん剤治療とホルモン剤による治療を5年間施行。この間、手術後は退院翌日から職場復帰し、夜勤もこなす。その後、順調に経過するも、乳ガン発病8年後の2011年1月に、子宮体がん(病理診断:肉腫)と診断され、手術を受ける。2ヶ月休職し再び場復帰後の検査でリンパ節の腫れが5~6ヵ所認められたため、職場を退職し、職療養。
その後の検査では、リンパ節の異常はなくなっており、現在は助産師として復帰。

主な講演のテーマ

1. 現場、助産師が語る「誕生の瞬間」より ~生命の神秘と生きる意味~
2. 明るく生きる ~二度のがんを乗り越えて~
3. “いのち”を考える ~消えゆく生命と誕生する生命から~
4. 私が“がん”になったとき ~乳がん・子宮体がんを経験して~
5. 患者に望まれる看護とは ~医療従事者と患者の立場から~
6. マイナスをプラスにする ~難病、障害は神様からのプレゼント~
7. 心を変えれば体が変わる ~笑顔が一番の特効薬~

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル

あなたにオススメの講師

Page Top