細見 三英子

ほそみ みえこ
細見 三英子

肩書き
ジャーナリスト
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

一貫して新聞紙上をにぎわすさまざまな事件、出来事、人物を追い求め、取材活動に東奔西走するジャーナリスト・細見三英子さん。女性記者ならではの細やかなセンス、気くばりを活かし、家庭面文化面を担当し、女性、家族、親・子関係、教育問題に取り組む。

プロフィール

1949年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業、産経新聞社入社。
一貫して新聞紙上をにぎわすさまざまな事件、出来事、人物を追い求め、取材活動に東奔西走する。女性記者ならではの細やかなセンス、気くばりを活かしながら、家庭面文化面を担当し、女性、家族、親・子関係、教育問題に取り組む。
1985年、ナイロビの国連婦人会議に出席。
1986年、統一後初のベトナムを民間人として初めて取材する。
以後、北京女性会議、バングラデシュ、マレーシアなど、数々の取材を手がけ、行動する記者として名を馳せる。
2003年春からフリーに。女性、家族、教育問題に鋭い識見をもつジャーナリストとして活躍。
取材活動を通じ、「男はかくあるべし」「親はかくあるべし」の建前が尊重された時代はもはや過ぎ去り、今までの価値観は改めて見直す時期にきていると、警鐘を打ち鳴らす。新しい時代に求められる家族観や親子観、死生観を追い求めながらの“家族再建”、“新しい家族像”、“女の自立”、“男にとっての家庭”、“子どもの健全育成”などの話の数々は指標なき時代の励ましとなり、貴重な指針を与える。

<主な役職>
大阪市男女共同参画審議会会長、大阪市政改革本部専門委員等
京都公立大学法人理事

<主な著書>
『中国「女書」探訪』『親と子の日本史』『坂の上の雲をゆく』『20世紀特派員』(以上、共著)
『家族とは』『食生活のガイドブック』など。

主な講演のテーマ

1. 高齢期にも共同参画が大切(ワークライフバランス)
2. 家族とは、命の尊さとは
3. メディアは女性像、男性像をどう伝えてきたか ~30年の取材ノートから~
4. 一緒に考えよう 子どもの健全育成
5. 人生、楽しんでいますか。
6. 事例から学ぶDV(パートナーからの暴力)
7. いま改めて、DVを知ろう
8. 女性の人権侵害
9. 子育て、楽しんでいますか

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流

聴講者の声

  • 意識なくして成果なしということばよかったです。 夫婦の生活の仕方のヒントになりました。
  • 「自分はどう生きるか」の言葉に自分達の人生をこれから考えようと思った。
  • 「良い夫婦の作り方」でした。私の家は、共働き、子ども2人の結婚10年目ですが、自分で言ううのもなんですが、仲良し夫婦だと思います。これには、自然とお互いの生活ルールがあり何事も協力。何かしてくれるたびに、「ありがとう」「ごめんね」と言うようにしています。この一言で、それまでの疲れもなくなり、「又、してあげたい」という気持ちになります。
  • 良い夫婦の関係は日常の中で実践していく。講師先生の体験からのお言葉から、80 に近い自分の一生を肯定できた。
  • 人生生きていくには、男、女共同助け合い楽しい人生でありえる事を痛感しました。
  • 共に生きるという事、難しい課題だと思います。それぞれ個々の考え方は違うものです。相手の気持ちをいか にくみ取るか考えていきたいと思います。
  • 男女が共同で生活(職場・家庭)することの難しさ。まだまだ、共同参画社会の実現が難しい。女性が結婚に興味がないのは~どのような社会になるか?心配。
  • 日々の生活の中でわかっている事でも忘れてしまっていた事を思い出させて頂きました。有り難うございました。

あなたにオススメの講師

Page Top