イクラ

いくら
イクラ

肩書き
唄い手
出身・ゆかりの地
石川県

この講師のここがおすすめ

「クズ」と呼ばれた、わたしのいのち~死にたいくらい、生きたかった~とイクラさんご自身が身内から受けた虐待について唄とトークで伝えてくれる涙なくしては聴くことのできない公演。児童虐待の現実がどんなに悲惨で許しがたいものであるかを感じ取ってください。

プロフィール

石川県出身。幼少期より保育士の母から虐待を受け、小学校では6年間イジメに遭い、隙間を縫うように従弟からは性被害を受けていた。高校卒業を機に役者になる夢を追い掛け実家を飛び出し京都・東京でそれぞれ2年間事務所に所属し演技を学ぶ。
2001年夏、虐待(医療ネグレクト)の後遺症で一時右下半身半麻痺状態に陥り、夢への道を絶たれる。その時偶然数日前に購入したミニギターが目に留まり、独学のみで一週間で唄を創ったのをきっかけに駅前や路上で唄い始める。
2005年春、ミニギターを相棒に代々木公園で唄い出し、過去を綴った作品が評価を得る。以後さまざまなライブ、イベントに出演し、その度に「児童虐待は知られていない」という現実に直面。
せめて自分だけは伝え続けたいと決意するも、同年、またも虐待の後遺症により呼吸器の異常が発覚。唄うのは無理と医師に宣告される。断腸の思いでステージを降り一年ほど治療に専念するが、「完治はしません」の言葉で逆に開き直り唄活動を再開、翌年結婚。
現在2児と2猫の母。現在も不治の右脚と呼吸器を抱えながら、人権や児童虐待関連のイベント・シンポジウム・学校・ホール・ライブハウス、老人福祉施設や地域のお祭り・イベントまで、幅広く活動中。
「被虐児」の目線のままで真っ直ぐに伝える「命」の唄の数々は「解り易く覚えやすく」をモットーとしており、泣いて笑えるステージは聴きやすく、力強く胸に届く。

主な講演のテーマ

「クズ」と呼ばれた、わたしのいのち ~死にたいくらい、生きたかった~
保育士の母に「クズ」と呼ばれ、名前を呼ばれることなく過ごした幼少期、小学校でのイジメ、従弟からの性被害……自分の命への価値が見いだせず死ぬことしか考えていなかった壮絶な子ども時代。実家を飛び出しても尚続く精神的虐待と後遺症に苦しむ日々を越えてそれでも生き、自らの体験を唄い伝えるに至るまでの全て、「ただ『運良く』死ななかっただけのいのち」である自分に出来る事の全てを唄に託します。
あなたは、「児童虐待」を知っていますか?
この国では、3日に1人の子どもが虐待で命を奪われていると言われています。
いのちとは何か。虐げるとはどういうことか。それを経て生きるとはどういうことか。
わたしの体験を通して、トークライブで感じていただけたらさいわいです。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top