ジャッキー・ウー

じゃっきー・うー
ジャッキー・ウー

肩書き
映画監督
俳優
プロデューサー
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

映画監督・俳優として世界で活躍するジャッキー・ウーさん。
中国人3世として日本に生まれ、様々な葛藤の中生きてきたジャッキー・ウーさんが、急速な国際化の波に乗る日本の人々に今伝えたい、大切なメッセージを伝えます。“現状を打破したい人”、”ヒントを求めている人“、”夢を持ち、実現させたい人“そんなみなさんに送る、未来を生きるためのヒントがたくさん詰まった講演です。

プロフィール

中国人2世の父親のもと、横浜で生まれ育つ。
長年抱き続けてきたエンターテイメントの世界への夢と、“アジア”への 熱い思いから、1996年に日本を離れ、香港を皮切りに新たなキャリアをスタートした。アジア各国で様々な人との出会いを重ねつつ、自らも演技・アクションへの造詣を深める。1998年にフィリピンに渡り、ハリウッド映画「地獄の黙示録」「プラトーン」等に関わった映画スタッフとの出会いから、プロデューサーとして 映画「TOTAL AIKIDO」の製作を始めるが監督の熱望で、自らが主役として出演することとなる。結果、この作品が多くのフィリピン人の心を掴み、その後次々と映画へ出演。さらに、フィリピンでは歌手としても活動し「ゴールドディスク賞」も受賞している。その他、中国、台湾、韓国などの映画に出演。中国と香港の合作映画「少林キョンシー」においては中国の中でブームになり、世界60ヶ国で公開された。この映画がハリウッドの映画関係者の目に留まり、ハリウッド映画デビュー。映画「炎のランナー」主役、ベン・クロスと共演。2013年、プロデュース・出演映画「DEATH MARCH」でカンヌ国際映画祭入選を皮切りに、拠点をヨーロッパに移し活躍。 「イタリア・ミラノ国際映画祭」「イギリス・ロンドン国際映画祭」「フランス・ニース国際映画祭」と異なる国で、異なる作品で、最優秀主演男優賞を受賞。欧州3冠を達成する。

主な講演のテーマ

『孤独の美学〜世界に一つだけの個性〜』

私にはホームがない、祖国がない。様々な文化に自分を合わせ、色々なものをゆずって生きた少年時代。そこで見つけた絶対に譲れないもの、それは、「無国籍な個性」。映画監督・俳優として世界で活躍するジャッキー・ウーが、急速な国際化の波に乗る日本、そしてこの時代を生きる人に今伝えたい、大切なメッセージ。“現状を打破したい人”、”ヒントを求めている人“、”夢を持ち、実現させたい人“そんなみなさんに送る、未来を生きるためのヒントがたくさん詰まった講演です。

カテゴリー

教育・学校・PTA
芸能人・文化人

あなたにオススメの講師

Page Top