ジェームス三木

じぇーむす みき
ジェームス三木

肩書き
脚本家
出身・ゆかりの地
その他

この講師のここがおすすめ

NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」など数々のテレビ、舞台、映画の脚本を手掛けてこられたジェームス三木氏の講演は、「ドラマと人間」「爆笑人生論」「憲法と私」などテーマも対象も千差万別。まじめな漫談といった感じで三分間に一度は笑えると何処でも大好評です。

プロフィール

1935年、旧満州奉天(瀋陽)生まれ。大阪府立市岡高校を経て、劇団俳優座養成所に入る。
1955年テイチク新人コンクールに合格し、十三年間歌手生活。
1967年「月刊シナリオ」のコンクールに入選。野村芳太郎監督に師事し、脚本家となり現在に至る。
他に舞台演出、映画監督、小説、エッセイなども手がける。
日本演劇協会理事/「坊っちゃん劇場」名誉館長

<主な作品>
映画  「さらば夏の光よ」「ふりむけば愛」「善人の条件(監督も)」
演劇  「翼をください」「真珠の首飾り」「菜の花の沖」「つばめ」「坊っちゃん!」
    「族譜」「龍馬!」「正岡子規」「太陽と月」など
小説  「八代将軍吉宗」「存在の深き眠り」「つばめ」「かささぎ」(以上NHK出版)
    「憲法はまだか」(角川書店)「渡されたバトン」(新日本出版社)など
戯曲集 「結婚という冒険」「安楽兵舎VSOP」「巨人の帽子」(未来社)
エッセイ集「平成オトナの勝手塾」(社会評論社)「人間の正体」(中経出版)

<TVドラマ受賞作品>
「八代将軍吉宗」第16回日本文芸大賞(1996)
「憲法はまだか」放送文化基金賞優秀賞(1997)
「存在の深き眠り」放送文化基金賞(1997)
「憲法はまだか」「存在の深き眠り」
放送文化基金賞脚本賞(1997)第50回NHK放送文化賞(1999)
「弟」 第13回橋田賞大賞、エランドール賞特別賞(2005) 他

主な講演のテーマ

1. ドラマと人間
2. 主役の条件
3. ドラマと人生
4. まちづくり人づくり
5. 君の人生(または青春)は輝いているか
6. 爆笑人生論
7. 憲法と私
8. ドラマティックな発想
9. ことばのコミュニケーション
10. 楽しみと安らぎ
11. 健康は手段か目的か 

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

あなたにオススメの講師

Page Top