金 正美

きむ ちょんみ
金 正美

肩書き
エッセイスト/字幕制作ディレクター
出身・ゆかりの地
その他

この講師のここがおすすめ

講演「しがまっこ溶けた 詩人桜井哲夫との歳月」をされる金(きむ)正美(ちょんみ)さんは、エッセイストで字幕制作ディレクター。「しがまっこ」とは津軽弁で「氷」の意味。全盲の元ハンセン病患者、桜井哲夫氏の60年ぶりの帰郷に同行した様子をお話されます。

プロフィール

1976年生まれ。1998年、恵泉女学園大学人文学部日本文化学科卒業。
卒業論文「日本及び植民地 ・占領地における救癩政策」は全国在日コリアン学生学術研究会にて最優秀論文賞受賞。
1996年4月~1998年3月、在日コリアンの若者向け全国誌月刊「セセデ」に「金正美のキャンパスライフ」を連載。
1997年4月~1998年3月、講談社月刊「現代」編集部にて編集補助業務。
1998年~2000年1月劇団四季編集部にて会報誌「ラ・アルプ」及び各作品プログラムを制作・編集。
2000年2月よりNHK総合・教育テレビ、MXテレビなど放送字幕の制作に従事。
2002年7月、NHK出版より「しがまっこ溶けた~詩人桜井哲夫との歳月」を出版。

<主な受賞>
第38回文化庁芸術祭ラジオ番組部門優秀賞受賞
第28回放送文化基金賞テレビドキュメンタリー部門本賞受賞
平成13年度ギャクシー賞選奨(2002年2月)

<主なメディア出演>
NHKにんげんドキュメント「津軽・故郷の光の中へ」企画・出演。
(全盲の元ハンセン病患者、桜井哲夫氏の60年ぶりの帰郷に同行した様子を描いたもので、ハンセン病を知らない人々にも大きな反響を呼ぶ。)
RAB青森放送「ラジオドキュメンタリー・おじぎ草の詩」出演 他

主な講演のテーマ

『しがまっこ溶けた 詩人桜井哲夫との歳月』
※「しがまっこ」とは津軽弁で「氷」の意味

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『しがまっこ溶けた―詩人桜井哲夫との歳月』

    出版社: 日本放送出版協会

あなたにオススメの講師

Page Top