衣笠 祥雄

きぬがさ さちお
衣笠 祥雄

肩書き
野球解説者/コメンテーター
出身・ゆかりの地
京都府

この講師のここがおすすめ

1987年の現役引退に至るまで、23年間におよび常に日本プロ野球界の第一線で活躍を続けた衣笠祥雄氏は、最優秀選手賞(MVP)を始め数々の輝かしい足跡を残し、2215試合連続出場という不滅の世界記録を達成。講演『限りなき挑戦』ではその軌跡を語る。

プロフィール

1947年1月18日 京都府生まれ。
1965年平安高校から広島東洋カープに入団。1987年の現役引退に至るまで、23年間におよび
常に日本プロ野球界の第一線で活躍を続け、最優秀選手賞(MVP)を始め数々の輝かしい足跡を残す。
その間、2215試合連続出場という不滅の世界記録を達成。
国民栄誉賞受賞。野球殿堂入り。
「鉄人」とは、衣笠祥雄だけに送られる栄光の称号である。
現在、TBSプロ野球解説者・朝日新聞嘱託・広島東洋カープ オーナー付きスタッフ

<獲得タイトル>
最優秀選手1回、最多安打王1回、打点王1回、盗塁王1回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞3回、正力賞(84年)

<主な通算記録>
永年出場23年間、試合数2677試合、連続出場試合数2215試合、連続フルイニング出場試合678試合、打数9404打数、得点1372点、安打2543安打、本塁打504本塁打、塁打4474塁打、打点1448打点、死球161個、三振1587三振、併殺打267併殺打、通算打率270、オールスターゲーム出場13回、ベストナイン賞3回、ゴールデングラブ賞3回、盗塁王1回、正力賞1回、最優秀MVP 1回、最多打点王1回(102打点)、打撃10傑3回、サイクル安打1回、県民栄誉賞、国民栄誉賞、京都市民栄誉賞、日本顕彰会特別賞、野球殿堂入り(H08.07.21)

主な講演のテーマ

『限りなき挑戦』

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『鉄人のひとり言』

    出版社: 青志社
  • 『野球の夢一途に』

    出版社: 日本放送出版協会
  • 『お父さんからきみたちへ―明日(あす)を信じて』

    出版社: 講談社

あなたにオススメの講師

Page Top