古賀 稔彦

こが としひこ
古賀 稔彦

肩書き
柔道家/古賀塾塾長
医学博士
出身・ゆかりの地
佐賀県

この講師のここがおすすめ

柔道家古賀稔彦氏は、指導者として「自分で問題解決できる選手を育てる」ことに重点を置き、「自分はどうなりたいか」、「それに向けて何が必要か」を見つめ直し、決心させる。この指導者としての姿勢は柔道以外の組織や社会生活に共通すると講演されます。

プロフィール

1967年福岡県生まれ、佐賀県出身。
中学生の時上京、東京・世田谷の「講道学舎」に入門し、弦巻中学、世田谷学園高時代に数々の全国大会を個人・団体戦で制覇。
日本体育大学進学後”平成の三四郎”の異名をとり、世界選手権2階級制覇をはじめ、3度のオリンピックに挑戦している。
1988年初出場であったソウル五輪では優勝候補でありながらも、3回戦敗退。
1992年のバルセロナ五輪では、大会直前に左膝内側側副靭帯損傷の大怪我を負いながらも金メダルを獲得、両手を広げ雄たけびを上げ、日本中の感動を呼んだ。
また、1996年アトランタ五輪では銀メダルを獲得。
2000年4月に現役引退。引退後、人の夢の後押しをする指導者の道に魅せられ、「指導者・古賀稔彦」として全日本女子柔道チーム強化コーチを務めるかたわら、2003年4月からは子供の人間育成を目的とした町道場「古賀塾」を開塾。
2004年のアテネ五輪では、金メダルを獲得した谷本歩実のコーチとしても脚光を浴び、愛弟子を称えた抱擁のシーンは感動を呼んだ。
また、各地で講演を積極的に行い、目標を持つ素晴らしさとそれを達成する心のあり方を明快に伝えている。
その後全日本柔道連盟女子強化委員、東京オリンピック基本構想懇談会委員を歴任。
2010年全日本学生体重別団体優勝大会において女子柔道部創部4年目で初優勝の快挙を成し遂げ、日本一に導いた。また、2011年の同大会でも2連覇を達成。
2012年6月23日の全国学生柔道大会女子の部5人制でも見事優勝。
まさに大学柔道界においてもその指導力を発揮しているところである。
また、柔道の指導者として、子供たちや選手たち、一人一人にとって本当に必要なものを伝え・教え・サポートしていきたい思いから、医学の勉強を決心し、2008年4月より弘前大学大学院医学研究科博士課程に入学。
2012年3月同大学を卒業し、 医学博士号を取得する。
IPU環太平洋大学 体育学部体育学科教授 ・女子柔道部総監督(2007年4月)
日本健康医療専門学校校長(2008年)

<主な戦績>

  • 弦巻中学生時代
    全国中学校選手権大会 2年 団体 一位、3年 団体 二位、個人 一位(71kg級)
  • 世田谷学園時代
    金鷲旗大会 2年 団体 一位、 3年 団体 一位
    インターハイ 2年 個人 一位(71kg級)、3年 団体 二位、個人一位(71kg級)
    フィンランド国際大会 3年 個人 一位(71kg級)
  • その後の実績
    87~92 全日本選抜体重別選手権 一位(71kg級)
    88~92 全日本体重別講道館杯 一位(71kg級)
    87 ドイツ世界選手権 三位(71kg級)
    88 ソウルオリンピック 三回戦敗退(71kg級)
    89 ユーゴスラビア世界選手権 一位(71kg級)
    91 スペイン世界選手権 一位(71kg級)
    92 バルセロナオリンピック 金メダル(71kg級)
    95 幕張世界選手権 一位(78kg級)
    96 アトランタオリンピック 銀メダル(78kg級)

<主なDVD>
「古賀稔彦の柔道教室 一本柔道 JUDO clinic by Toshihiko Koga / Aim to win by ippon !」

主な講演のテーマ

1. 人生の教科書
2. 夢、目標にチャレンジ~挑戦する事の大切さ~
3. 自分で問題解決できる選手を育てる

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『古賀稔彦の一本で勝つ柔道 新版』

    出版社: 毎日コミュニケーションズ
  • 『勝負魂』

    出版社: ベースボールマガジン社
  • 『古賀稔彦―世界を獲った男、その生き方』

    出版社: 東京学参

あなたにオススメの講師

Page Top