河野 義行

こうの よしゆき
河野 義行

肩書き
松本サリン事件被害者
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

松本サリン事件被害者の河野義行さんは、自宅付近からサリンが発生していたことなどから、長野県警の家宅捜索を受け、マスコミからも容疑者扱いされた。その経験から、人権・報道被害・家族などのテーマにて全国で講演活動をし、今を生きるしあわせを考える。

プロフィール

昭和25年愛知県生まれ。名城大学理工学部卒業。昭和51年長野県松本市に転居。
平成6年6月「松本サリン事件」に遭遇。
自宅付近からサリンが発生していたことなどから、長野県警の家宅捜索を受け、マスコミからも容疑者扱いされる。
翌年3月20日「地下鉄サリン事件」が発生。結果的にサリン事件への関与が否定された。
その後、国家公安委員長、長野県警本部長、マスコミ各社が相次ぎ謝罪。
平成13年8月、犯罪被害者の支援機関として特定非営利活動法人(NPO)=リカバリー・サポート・センター」に参加、現在顧問。平成14年7月から一期(3年間)長野県公安委員を務める。
平成22年9月に鹿児島市に転居し、人権・報道被害・家族などのテーマにて全国で講演活動をしている。
平成23年12月、宗教団体「ひかりの輪」の外部監査委員長に就任し、同団体が地域住民と融和を推進、不法行為や違法行為をしないように指導をしている。
(妻澄子さんは2008年に60歳で死去)

高知新聞記事
毎日新聞記事

<主な著書>
『「疑惑」は晴れようとも』文春文庫
『松本サリン事件』近代文芸社
『命ある限り―松本サリン事件を超えて』第三文明社
『今を生きるしあわせ』鳳書院 他多数

主な講演のテーマ

1. 作られた虚像
2. 「疑惑」は晴れようとも
3. 今を生きるしあわせ
4. 妻への感謝!~生きてるだけで勇気づけてくれた~
5. 14年間の闘病・介護で芽生えた夫婦愛・家族愛

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療

著作紹介

  • 『「疑惑」は晴れようとも―松本サリン事件の犯人とされた私 』

    出版社: 文藝春秋
  • 『命あるかぎり : 松本サリン事件を超えて』

    出版社: 第三文明社
  • 『今を生きる しあわせ』

    出版社: 鳳書院

あなたにオススメの講師

Page Top