旭堂 南陵

きょくどう なんりょう
旭堂 南陵

肩書き
講談師
大阪芸術大学 客員教授(芸術計画学科)
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

旭堂南陵さんは、講談師として活躍される傍ら、大阪芸術大学客員教授も務める。芸術祭大賞受賞など受賞も多数あり、後進の育成など尽力される一方、「人の心にひそむ差別」「戦国武将の誉め方・叱り方」をテーマに講演活動にも積極的に取り組まれている。

プロフィール

1949年9月4日 大阪府堺市に誕生
1968年4月 近畿大学入学と同時に旭堂南陵に師事
1974年3月 大阪府立大学、大学院修士課程修了 農学修士
1978年4月28日 「旭堂小南陵」襲名 真打ち昇進
2006年8月18日 三代目旭堂小南陵から大名跡、四代目「旭堂南陵」を襲名。
2011年2月 寄席芸人初の博士号取得(大阪芸術大学)

<主な受賞>
2001年度 芸術祭優秀賞(文化庁)
2004年度 大阪文化祭賞グランプリ 他
2011年度 芸術祭大賞受賞 ほか

主な講演のテーマ

1. 人の心にひそむ差別
2. 人の心にひそむ差別~講談・水平誕生物語~
3. 地球は友達!(川から自然を考える)
4. 歴史に見る日本人の「ケガレ」の思想
5. 人生と笑い
6. 心のぬくもり 
7. 笑いと健康
8. 男女共同参画社会と笑いのおもしろ関係
9. 戦国時代に生きた妻たち
10. 浪速商人(あきんど)物語(浪速商人の知恵と才覚)
11. 戦国武将の人の使い方
12. 戦国武将の誉め方・叱り方
13. 戦国大名の決断と成功例・失敗例
14. 寄席芸界、師弟と家庭の躾

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『事典にない大阪弁―絶滅危惧種の大阪ことば』

    出版社: 浪速社
  • 『続々明治期大阪の演芸速記本基礎研究』

    出版社: たる出版
  • 『番町皿屋敷 (よみがえる講談の世界)』

    出版社: 国書刊行会

あなたにオススメの講師

Page Top