森本 稀哲

もりもと ひちょり
森本 稀哲

肩書き
元プロ野球選手
解説者
コメンテーター
講演家
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

抜群のファンサービスや粘り強いプレースタイルで人気を博した、元プロ野球選手 森本稀哲さん。
講演では、その明るさの裏に隠された「幼少期に向き合わされた病気との葛藤」や、ビジネスにも通じる「リーダーシップのあり方」や「チームビルディング」などについて熱く語っていただけます。どんなにつらくてもポジティブでいられる生き方のヒントも満載の講演です! 

プロフィール

1981年 1 月 31 日生まれ。東京都出身。
小学1年生のときに、汎発性円形脱毛症で髪を失い、人の目を気にする少年時代を過ごす。そんなとき、友だちの誘いをきっかけに野球を始める。野球でよかったのは「帽子をかぶっていられるから」という思いがあるなか、いいプレーをすると周囲から認められ笑われなくなり、徐々に頭角を現す。 
高校野球の名門・帝京主将として甲子園に出場。
1999年、ドラフト4位で日本 ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。
2015年9月、17年間にわたるプロ野球人生を終え、現役を引退。

通算成績は、1272 試合、3497 打数 904 安打、33 本塁打、521 得点、267 打点、106 盗塁、打率.259。 2006 年、2007 年はパ・リーグ最多得点。 

<主な経歴>
1999年 ドラフト 4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズに入団
2006年 1番レフトとして活躍、チームを日本一に導く(2007 年もリーグ優勝)
2011年 横浜 ベイスターズ(現DeNADeNA ベイスターズ)移籍
2014年 埼玉西武ライオンズへテスト入団
2015年 引退(試合は『奇跡の引退試合』としてテレビ特集される)としてテレビ特集される)

<受賞歴>
ベストナイン(2007年)
オールスター優秀選手賞(2006年/2007年)
ゴールデングラブ賞(2006年/2007年/2008年)
オールスター新人賞(2006年)
日本シリーズ優秀選手賞(2006年)

<主な講演実績>
MDRT日本会北海道ブロック研修会会員向け講演会/タイムズ24株式会社土地オーナー様向け講演会/丸泉興業株式会社創立40周年記念式典講演会/北海道養護教諭研究会教員向け講演会/株式会社テオリアハウスクリニック入社式基調講演/日髙町主催町民向け講演会/福井県アロック・サンワ(株)主催経営者向け講演会/日本体育大学リーダーズキャンプ学生向け講演会/北海道銀行苫小牧支店主催企業経営者向け講演会/北海道がんセンター職員向け講演会/月NTTファイナンス社員向け講演会/月北海道新聞函館政経文化講演会/函館視覚障害者福祉協議会市民向け講演会/ファイナンシャルアドバイザー協会基調講演/北海道新聞健康セミナー基調講演(救心製薬協賛)/経済同友会合同入社式基調講演/アデコ株式会社入社式基調講演/株式会社ツナグビジネスエキスポ

<主なメディア出演>
TV朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!」
NHK「サンデースポーツ」
CX「村上信五とスポーツの神様たち」
他多数

<主な著書>
『気にしない。どんな逆境にも負けない心を強くする習慣』(ダイヤモンド社)

主な講演のテーマ

1. 全力疾走 ~どこにもチャンスは転がっている~
2. 全力疾走 ~個性を活かしたチームビルディング~
3. 全力疾走 ~チームの一体感作り方~
4. 己の貫き方 ~森本稀哲1番バッターという生己の貫き方~
5. 個のパフォーマンス最大化 ~森本稀哲の1番バッターという生き方~

世間のイメージとは裏腹に、年少時代から頭の病気を抱え、合宿の風呂場で帽子をかぶるほどセンシティブな性格。野球との出会いが徐々に自己の可能性を開放させ、自信をつけ、甲子園、プロ野球レギュラー選手へと至る。ピッコロやラーメンマンなど、派手なパフォーマンスのイメージが強いが、その背景には森本なりのメッセージがあった。笑いあり、涙ありの森本稀哲の人生全力疾走をお話いたします。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ

著作紹介

  • 『気にしない。――どんな逆境にも負けない心を強くする習慣』

    出版社: ダイヤモンド社

あなたにオススメの講師

Page Top