中村 敦夫

なかむら あつお
中村 敦夫

肩書き
俳優/作家/脚本家
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

空前のブームとなった「木枯らし紋次郎」など数多くのドラマ主演をつとめられた中村敦夫氏の国際小説「チェンマイの首」ベがストセラーになり注目を浴び、「地球発22時」のキャスターに起用されるなど活躍。講演では「人権・環境・俳優人生」などをテーマに話す。

プロフィール

1940年、新聞記者の長男として東京で生まれました。東京外国語大学に入学。在学中、演劇に興味を持ち大学を中退、劇団俳優座に入る。
1965年には、ハワイ大学に留学し、アメリカ社会の研究をする機会を得ました。帰国後、新劇改革の若手リーダーとして幹部と衝突、劇団を退団してTV界へ進出しました。
1972年放映の「木枯し紋次郎」が空前のブームになり、その後数多くのドラマで主演をつとめました。俳優業だけでは満足できず、脚本や演出でも活動しましたが、海外取材を基に書いた小説「チェンマイの首」がベストセラーとなり、その後の二作を含め東南アジア三部作は、国際小説ブームの火付け役を果たしました。この成果が注目を浴び、1984年には、日本最初の本格的なTV情報番組「地球発22時」のキャスターに起用され、TV界の流れに大きな変化をもたらしました。数十ヶ国の海外取材での経験から、国際的視点からの政治的発言が多くなり、政界入りの要請が強くなりました。
1998年、参議院東京選挙区から立候補して当選。
2000年には「さきがけ」代表に就任。
2004年、政界引退を表明しました。
現在は俳優業に復帰し、著述、講演を続けながら、念願の仏教研究に励んでいます。

主な講演のテーマ

1. 人権と差別
2. 今、世の中がおもしろい
3. 地球は守れるか -環境の時代-
4. 俳優人生 -振り返る日々-
5. 旅は私の大学
6. 世界の政治、日本の政治

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
環境・防犯・防災・消費生活
政治・経済
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『簡素なる国』

    出版社: 講談社
  • 『俳優人生』

    出版社: 朝日新聞社
  • 『この国の八百長を見つけたり』

    出版社: 光文社

あなたにオススメの講師

Page Top