岡本 行夫

おかもと ゆきお
岡本 行夫

肩書き
外交評論家
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

日米安保、貿易交渉、米国議会工作、湾岸戦争と、外務省にあって最も困難な状況の最前線に立ってきた元外交官、岡本行夫さん。霞が関を去った後は、橋本・小泉内閣と2度にわたり首相補佐官を務めました。講演では、国際問題の専門家として、これまで培ってきた経験と独自の情報網をもとに国際情勢の今と将来の展望を伝えていただけます。現場で、ものごとを実際に動かしてきたキーパーソンだけが語りうる、さまざまな新情報・知見があふれる講演です。

プロフィール

神奈川県出身。68年一橋大学経済学部卒、外務省入省。
91年に退官し、同年岡本アソシエイツを設立。橋本内閣、小泉内閣と2度にわたり首相補佐官を務める。MIT国際研究センター・シニアフェロー。立命館大学客員教授。東北大学特任教授。青山学院大学特別招聘教授。NPO法人新現役ネット理事長。国際問題の専門家として、政府関係機関、企業への助言活動の他、国際情勢を分析、新聞・雑誌・講演・TV等幅広く活動。著書に首相補佐官当時の回想録「砂漠の戦争~イラクを駆け抜けた友、奥克彦へ」(文藝春秋社)ほか多数。

<略歴>
1968年 一橋大学経済学部卒業。外務省入省。
1991年 外務省退官。岡本アソシエイツ設立。国際交流基金参与就任。
1996年 橋本内閣にて総理大臣補佐官(沖縄担当)就任。
2001年 小泉内閣にて内閣官房参与就任。
2002年 立命館大学客員教授任官。
2003年 総理大臣補佐官(イラク問題担当)就任。
2011年 東北漁業再開支援基金・希望の烽火代表理事就任。
2012年 マサチューセッツ工科大学CISシニアフェロー就任。

主な講演のテーマ

1. 激動の国際情勢の中で日本の針路を考える
2. 緊迫化する国際情勢と日本の対応

カテゴリー

政治・経済

著作紹介

  • 『日米同盟の危機―日本は孤立を回避できるか』

    出版社: ビジネス社
  • 『砂漠の戦争―イラクを駆け抜けた友、奥克彦へ』

    出版社: 文藝春秋
  • 『生きのびよ、日本!』

    出版社: 朝日新聞社

あなたにオススメの講師

Page Top