大久保 暁

おおくぼ あきら
大久保 暁

肩書き
暁project 代表
一般社団法人結婚トータルサポート協会 理事
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

大久保暁さんは、自身の経験を少しでも悩んでいる人たちやご家族の心のケアに役立たせ、またセクシャルマイノリティの理解へと繋げるべく「暁~project~」(あかつきプロジェクト)を立ち上げ、LGBTの啓蒙・啓発活動を行っています。また、LGBT向けのブライダルセミナーを行うなどLGBTの理解を広げ誰もが生きやすい社会づくりを、マイノリティという言葉自体がなくなる社会づくりのため活動されています。

プロフィール

1981年、高知県にて長女として誕生。
12歳からバスケットボールを始め、中学では高知県大会優勝および四国大会出場、高校ではインターハイや国体に出場し、大阪体育大学へ進学後も選手として活躍。大学卒業後は経験を生かして9年間中学校や高校のバスケ部の顧問をしながら、保健体育の教師を務める。
2010年にGID(性同一性障害)の治療を開始。
2013年に戸籍変更。
2015年にストレートの女性と結婚。
2016年、暁project始動。LGBTの講演活動を展開。
現在はLGBT当事者として講演活動も行なっている。

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなど、性的マイノリティの人々)の生きやすい世の中を目指し啓発・啓蒙活動を展開。
未だ社会に存在するLGBTへの偏見や差別をなくすために、また正しい知識を持ってもらうために、あらゆる人々が性の多様性を認め合える社会を目指す。
LGBT当事者だけでなくその保護者やパートナー、パートナーの家族、それぞれに抱える悩みがあり、相談する機関が分からないといった声が多く、その方が気軽に相談できるよう、交流の場を提供。人々が個性を生かし、互いを尊重し会える社会になるように、将来的には「LGBT」の言葉すらなくなる世の中を目指す。

<講演実績>
◆箕面市立小学校中学校主催 教職員対象
◆高知県教職員対象
◆高知市少年補導センター主催 地域補導員・生徒指導部対象
◆学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校にて「LGBT」についての授業
LGBTブライダルセミナー
◆大阪府立泉南支援学校 教職員対象
◆河内長野市教育委員会主催 教職員対象
◆東大阪市人権教育研究会「なにわ研」主催 教職員対象
◆三田市主催 市民対象

<主なメディア出演>
高知さんさんTV、高知新聞、OUT IN JAPAN #003 写真家:LESLIE KEE(レスリーキー)、
LGBTERLGBTインタビューメディアサイト、「LapH vol.12FTMマガジン、
ゆめのたね ラジオ放送、youtube配信 LGBTドラマ「day by day

主な講演のテーマ

1.身近にいる性的マイノリティ(学校向け)
教員経験のある私から、LGBTに対する取り組み方などを解説。
30人クラスだと23人はクラスに存在すると言われていますが、教職員の方も50名いれば45名存在しているかもしれません。生徒だけでなく、教職員の方も過ごしやすい学校にしませんか。

2.ひとりひとりが輝く、未来への希望(企業向け)
LGBTの人は少なからず悩みを抱え生きています。
ただ、LGBTの人だけではなく、人はそれぞれに悩みを抱えています。ひとりひとりが個性を尊重され、1人の人間として評価される社会にしましょう。

3.LGBTと医療
LGBTの人は病院で困ったことや通院や入院時の心配事があります。
そんな「あるある事情」を解説し、その対応策をお伝えします。

4.LGBTとブライダル
日本は未だ同性間での結婚を認めていません。世界で最初に同性婚が認められたのがオランダ、2001年の話です。LGBTに関してはまだまだ発展途上国の日本では、同性間の結婚式すら式場から断られるケースがあります。式場はどのように同性間の結婚式を受け入れていけばいいでしょうか。すでに同性間の結婚式を行っている式場の例や、新たな「パートナーズ婚」という概念をお伝えし、結婚をしたい人に平等な社会を築き上げていきましょう。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流

あなたにオススメの講師

Page Top