四方 啓暉

しほう よしあき
四方 啓暉

肩書き
ザ・リッツ・カールトン大阪 元副総支配人
大手前大学総合文化学部教授
出身・ゆかりの地
その他

この講師のここがおすすめ

ザ・リッツ・カールトン大阪元副総支配人の四方啓暉氏は、ホテルを舞台に生み出される“お客さまの喜び”の土台には、スタッフをはじめとする、かかわる人々すべての“幸せ”を追求する姿勢と、それを実現するための“精緻なマトリックス”がある、その仕組みをお話して頂けます。

プロフィール

1946年 2月24日生まれ。1969年 立教大学 法学部卒業 ・ 立教大学 ホテル観光講座終了。
ザ・リッツカールトン大阪の立ち上げメンバー。同ホテル設立の担当責任者としてザ・リッツカールトンホテルカンパニーとの相互信頼関係構築、異文化の理解・融合に尽力するとともに、契約・事業計画の策定や人事に7年間携わった。
開業後は副総支配人として、哲学の浸透など従業員教育、運営体制の確立を支え、同ホテルが「ホスピタリティの最高峰」と呼ばれるまでの基盤を築き上げた。
退任後は名古屋マリオットアソシアホテルの常務取締役総支配人、ジェイアール東海ホテルズ専務取締役などに就任。
現在は大手前大学の教授として、また立教大学では「ホスピタリティ・マネジメント講座」の講師として教壇に立っており、産学ともに「ホスピタリティ産業」における活躍を志す人材教育に力を入れている。
同業界のみならず、幅広い業種・職種の方にもおすすめの講演内容です。

<主な講演実績>
資生堂、東京都市大学、東海東京証券、静岡大学、兵庫県、IMBセンター、コスモ石油、アフラック、
郵便局、日産自動車、野村證券、高島屋、本田技研、メルセデス・ベンツ日本株式会社、農林中央金庫

主な講演のテーマ

1.リッツカールトンの究極のホスピタリティ
2.リッツカールトンにおける社員教育とリーダーシップ

潜在的なここちよさを実現することで、お客もスタッフも幸せになれる「精緻なマトリックス」 とは。スタッフが心から楽しんで仕事をできてこそ、会社の成功がある。1997年に開業し、「ホ スピタリティ」の代名詞となったザ・リッツ・カールトン大阪。ここを舞台に生み出される“お 客さまの喜び”の土台には、ホテルのスタッフをはじめとする、かかわる人々すべての“幸せ” を追求する姿勢と、それを実現するための“精緻なマトリックス”がある。7年間にわたる同ホテルの開業準備にそのスタート時から携わった経験から、「心」をもったス タッフが楽しみながら仕事できる現場づくりの仕組みを紹介。その仕組みの根底にある理念・哲学を示すなかで、“究極のホスピタリティ”が生まれる土台を 構成する要素を明らかにしていく。

カテゴリー

企業向け

著作紹介

  • 『リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ』

    出版社: 河出書房新社

あなたにオススメの講師

Page Top