篠田 恵里香

しのだ えりか
篠田 恵里香

肩書き
弁護士法人アディーレ法律事務所 パートナー弁護士
出身・ゆかりの地
千葉県

この講師のここがおすすめ

ふつうのOLだった篠田恵里香さんは、2年で弁護士になれた夢がかなう勉強法の講演では、「受験勉強はコツさえつかめばどんな難関試験でも絶対に合格できる」と語る。夢に向かって頑張る受験生必聴の講演のほか、イザというときの備えなど弁護士本来の話題も好評です。

プロフィール

千葉県生まれ。学習院大学を卒業後、都内の外資系ホテルに勤務し、サービス業の精神を徹底して学ぶ。
同大学法科大学院を卒業後、2007年新司法試験に合格。弁護士としてアディーレ法律事務所に入所。
主に離婚などの男女トラブルについて、取材・コメント依頼を受ける。

<所属委員会・学会>
「東京弁護士会広報委員会」「東京弁護士会司法修習委員会」
「日本交通法学会」「日本賠償科学会」「日本交通心理学会」

<資格>
「英検準1級」「法務博士号」 「夫婦カウンセラー(JADP認定)」

<専門分野>
「離婚問題」「男女トラブル」「ストーカー被害」「結婚詐欺」「性犯罪(痴漢・わいせつ)」

<主なメディア出演>
「スーパーニュース」「とくダネ!」「笑っていいとも!」「めざましどようびメガ」
「ニブンノイチ」「百識王」「最強脳No.1決定戦SP」新春特番「ひるおび!」

「ロンドンブーツ1号2号田村淳の NewsCLUB」(文化放送)ラジオ ほか

主な講演のテーマ

1.「債務整理~人生を再スタートするために~」
借金を抱え,苦しんでいる方たちの多くには,債務整理という手続で救われる道があります。 債務整理には,「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3種類があり,借金を減額できたり,借金の返済が免除になったり,あるいは払いすぎた利息である「過払い金」を取り戻せる場合があります。借金の問題は法律で解決できます。その人の状況に応じてベストな手続を選択することで,救われる道があるのです。借金問題に関する豊富な解決実績を活かし,債務整理に対する誤解のない正しい知識をお伝えします。

2.「相談者の96.2%(※)が満足と答えた“アディーレの離婚指南書”」
二人で永遠の愛を誓い合ったあの頃…しかし現実は悲しいもので,およそ2分に1組の夫婦が離婚をしているのが日本の実状です。慰謝料,財産分与,親権と養育費,氏と戸籍など,離婚の際に決めておくべき事項はたくさんあります。テレビ・ラジオなど多数のメディアで活躍中の女性弁護士が,相談者の96.2%(※)が満足と答えた「後悔しない離婚の全て」をお教えします。

3.「離婚弁護士が教える!夫婦円満の秘訣」
離婚の最大の原因は,暴力?不倫?いいえ,性格の不一致です。
夫婦間での会話が減った,夫の帰宅が遅い,妻から邪魔者扱いされる…など、ささいなことだと心に蓋をしていませんか?
小さな綻びは,やがて大きな亀裂となり,結婚生活は幕を閉じてしまいます。
夫婦の関係がギクシャクしてきたと感じた時には,誰かに相談することも解決への第一歩。
必要なのは頼れるミカタ!これまでも,全国規模で多くの離婚問題を解決してきた経験豊富な女性弁護士だから分かる“夫婦円満の秘訣”を,お話しいたします。

4.「“ちょっと待って!その示談”交通事故の賠償金のカラクリを教えます」
突然起きる交通事故。あなたならどうしますか?被害者の方が少しでも早く本来の生活を取り戻すためには,適正な賠償金を得る必要があります。しかし,交通事故に関して何らの知識,経験もない被害者の方は,交渉のプロである保険会社からの賠償額の提示に納得いかなくても,応じてしまうケースが多くあります。そうならないためにも,示談の流れから賠償金の仕組みまで,弁護士が手続解説します。

5.「ブラック企業に負けるな!~弁護士だからこそ教えられる“対処法”~」
従業員に違法な残業を強いたり,会社の経営状態が悪いことを理由に給料の未払が続いたり,業務とは無関係な研修やパワハラ・セクハラなどで肉体と精神を追い詰め,退職へと追い込むなどといったことを行う「ブラック企業」が増えていることが,以前より社会問題となっています。そんなブラック企業に泣き寝入りしないために,労働問題を得意とする弁護士が“ブラック企業の手口”や“実際に起こっている事例”の紹介と共に,弁護士だから教えられる「対処法」や「闘い方」をお話しさせていただきます。 著書『ブラック企業に倍返しだ!弁護士が教える正しい闘い方』(ファミマ・ドット・コム)など執筆実績多数。

6.「いじめ!薬物!児童ポルノ!忍び寄るスマホ犯罪から子供たちを守れ!」
悪いオトナの口車に乗せられ,我が子があられもない姿の写真を強要されているなど,誰が想像できますか?近年,スマートフォンを通じたSNSの利用により,未成年者が犯罪に巻き込まれるケースが急増しています。善悪の基準が曖昧な子供たちが,スマホ犯罪に巻き込まれないために,少年事件・刑事事件に詳しい弁護士が,スマホが生み出す犯罪と,それを防ぐための対策についてご説明させていただきます。子供たちを加害者にも被害者にもしないために,私たち大人がすべきこと,始めてみませんか?

7.「経営上の法的リスク,まだ放置しますか?会社の“脅威”と戦う企業法務のススメ」
グローバル化,IT化,勤務形態の多様化,法改正…。現在,企業を取り巻く環境は常に変化を続けています。安全な企業経営を続けていくためには,法的トラブルを未然に防ぐためのリスクヘッジを行うなどの対応が必要になりますが,その対策を講じている企業は決して多くありません。効果的な債権回収,正しい解雇手続き,ミスのないビジネス契約書の作り方など様々なテーマで,企業に降りかかる様々なトラブルの予防・解決について,経営者の皆さまに丁寧に解説させていただきます。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法』

    出版社: あさ出版
  • 『損害賠償 請求と手続き (弁護士がきちんと教える)』

    出版社: あさ出版
  • 『カード審査に落ちる人、住宅ローンが組める人』

    出版社: ワニブックス

あなたにオススメの講師

Page Top