高野 孟

たかの はじめ
高野 孟

肩書き
インサイダー編集長
ザ・ジャーナル主幹
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

高野孟氏は、安房鴨川で半農半電脳生活を送る傍ら、インサイダー編集長とザ・ジャーナル主幹を務められる。日刊ゲンダイのコラム「永田町の裏を読む」の執筆など、日本の政治経済の実態に迫る。講演テーマは「脱原発と水素エネルギー社会の展望」など多数あります。

プロフィール

1944年、東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒業後、通信社、広告会社に勤務。
1975年からフリー・ジャーナリストになると同時に情報誌『インサイダー』の創刊に参加、1980年に㈱インサイダーを設立し、代表兼編集長に。

1994年に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネット によるオ ンライン週刊誌『東京万華鏡』を創業、それを発展解消して2008年9月にブログサイト『THE  JOURNAL』を創設。現在は『インサイダー』を含む「高野孟のザ・ジャーナル」を「まぐまぐ!」から毎週月曜日に有料発信中。
1989年から2010年までテレビ朝日「サンデー・プロジェクト」コメンテーター。
2002年から2013年まで早稲田大学客員教授として「大隈塾」を担当。2007年からサイバー大学客員教授として「世界地図の読み方」を担当。
2012年から鴨川市「大山村塾」塾長。
2013年から一般財団法人・東アジ ア共同体研究所(鳩山由紀夫理事長)の理事・主任研究員、同研究所が発信するニコニコ動画[UIチャンネル」にレギュラー出演。
2013年から日刊ゲンダイのコラム「永田町の裏を読む」を執筆中(毎週水曜日発売号)。
2014年から「NPO大山千枚田保存会」理事に就任。

<主な著書>
『原発ゼロ社会への道程』(書肆パンセ)
『沖縄に海兵隊はいらない!』(にんげん 出版)
『アウト・オブ・コントロール』(小出裕章と共著、花伝社)
『地球市民革命』(学研)
『ジャーナリスティックな地図』(池上彰ほかと共編、帝国書院)など多数。

主な講演のテーマ

1.アベノミスクスが日本をダメにする
2.農村と中小企業が日本の希望
3.21世紀の日本は「ものづくり資本主義」の王道を行く
4.アメリカの世紀の終わりと米中逆転の世界構造
5.脱原発と「水素エネルギー社会」の展望
6.私の安房鴨川「半農半電脳生活」

カテゴリー

福祉・高齢・介護・医療
環境・防犯・防災・消費生活
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『滅びゆくアメリカ帝国』

    出版社: にんげん出版
  • 『最新・世界地図の読み方』

    出版社: 講談社
  • 『沖縄自立と東アジア共同体』

    出版社: 花伝社

あなたにオススメの講師

Page Top