瀧村 有子

たきむら ゆうこ
瀧村 有子

肩書き
絵本作家
出身・ゆかりの地
千葉県

この講師のここがおすすめ

世代を超えた ロングセラー&名作絵本 「ちょっとだけ」「てのひら」「そっと」などの作者として有名な瀧村有子さん。
瀧村さんの講演は、毎日頑張っているお母さんや子ども達への温かい目線が感じられ、それぞれの気持ちに寄り添います。子育てを頑張るすべてのお母さんお父さんに、エールを贈る講演です。

プロフィール

1968年、千葉県生まれ。三児の母。
子育て経験から、日々の出来事などをもとに絵本を作り家庭の中で楽しんできた。2001年、福音館書店創立50周年記念企画の一般公募に応募した事がきっかけとなり、「ちょっとだけ」を出版。
子育て中の方を中心に全国に広がり、その後、台湾、中国、韓国でも出版。2018年春にはフランスでも出版され「親子の愛が伝わる」と、世界中から評価を得る。その後も、母子のつながり・幼稚園、保育園など、身近な題材を大切に「てのひら」「そっと」を出版。この頃から幼稚園、保育園で保護者に向けて、また、先生の研修会に招かれ講演会を行う。絵本の出版の他に、月刊誌「PHPのびのび子育て」において親子の絆、兄妹の子育て等のエッセイを掲載。2018年秋には、お話作りワークショップを開催し、現在、絵本製作のかたわら 絵本作り講座の講師も務める。

 講師からのメッセージ 
つい毎日の忙しさの中で 先へ先へ進もうと時間に追われ、
本当に大切にしたいものが 見えにくくなっていませんか。

そんな時は 子供たちを見習って すぐそばにある
大切なものへ 丁寧に丁寧に心を伝えたいと思います。

ずいぶんと時間は経ってしまいましたが
私たちも子供だったことがあるのです。

それならば きっと大丈夫!

自分の心の奥にある やわらかい心を見つけ出して
子供たちのように優しく 笑顔で 今日を楽しみましょう。

主な講演のテーマ

1. 子育ては嬉しさがいっぱい
2. 心を丁寧に受け取ろう 丁寧に伝えよう
3. 「ちょっとだけ」がおしえてくれる心が楽になる子育て

3人の子育てのエピソードを交えながら、お母さんである喜びと子供のすばらしさをお伝えしたいと思います。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『ちょっとだけ』

    出版社: 福音館書店
  • 『てのひら』

    出版社: PHP研究所
  • 『そっと』

    出版社: PHP研究所

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top