丹野 耕介

たんの こうすけ
丹野 耕介

肩書き
㈱グローバルゲンデン 代表取締役
出身・ゆかりの地
山形県

この講師のここがおすすめ

“熱き心の授業で、目つきが変わる!未来が変わる!”をキャッチフレーズに企業研修講師として活躍する丹野耕介さん。顧客満足、社員満足、業績を上げる~100年後の未来のために人間性を育てる社員教育~に必要なことを伝授します。

プロフィール

1979年山形県山形市生まれ
2003年 福島大学経済学部卒業、トヨタ自動車の販売会社に入社。
2005年 採用・教育担当。人事制度の構築にも携わり、人財育成の基盤をつくる。
2009年 これまでの経験と独自の発想で、ES(社員満足)、CS(お客様満足)など様々なプロジェクト
              を推進。さらに、研修・セミナーの企画、運営、講師として、人財育成に力を入れ、企業風土
              づくりに貢献。社長賞を受賞。
2015年 「伝説のカリスマ販売員 茂木久美子」とともに株式会社グローバルゲンテンを設立。

 講師からのメッセージ 
~100年後の未来のために、人間性を育てる社員教育を~
「CS(お客様満足)を上げよう!」「ES(社員満足)を上げよう!」「業績を上げよう!」皆さんも日々様々な努力をされていることと思います。私もこれまで会社の中で様々なプロジェクトに参加し、様々な取組みを展開してきました。でも、「なかなかうまくいかないんだよな~」って思うことありませんか?私もそうでした。いろんなことに手を出すほどやることばかりが増え、成果やその本質が見えなくなっていったのです。
そこで、本当に会社にとって大切なものは何かを考えたら、やっぱり「人」でした。人として正しい価値観を持ち、人間性に優れた人財に育てることが会社にとって最も大切なのだと気づきました。人財育成の中で、私が最も力を入れているのが新入社員を中心とした若い社員の育成。特に、仕事のやり方よりも、素直さや謙虚さ、感謝の気持ちといった人間性と、自ら考え行動する主体性を養うことに重点を置いた研修内容と、研修後も「気づき→実行→継続」を繰り返し、良い習慣を身につけることを促し、成長をサポートいたします。今年入社した若い社員がリーダーとなって活躍する10年後、20年後、彼らの成長とともに次の世代が育ち、そのまた次の世代も成長する。私は、そんな企業が50年後も100年後も成長し続け、豊かな社会を創るのだと信じ、若い皆さまに学びと気づきの場を提供し、成長をサポートいたします。

主な講演のテーマ

*熱き心の授業で、目つきが変わる!未来が変わる!
*学校や職場では教えない、新入社員の仕事の極意とは!?
*価値観や働き方の変化。今、何を大切にしますか?

1.目つきが変わる!新入社員の仕事の極意
大切なのは「何のために働くのか」。働く目的を深く考えれば、新入社員として、社会人としてあるべき姿、そして幸せな働き方が見えてきます。私の失敗続きの新人時代から、採用、教育の現場で培った、人として大切な仕事の作法と学校や職場では教わらない仕事の極意を若い皆様にお伝えします。

2.いまどき社員の育て方~次世代のリーダーを育てよう~
IT化、グローバル化、少子高齢化、核家族化、ゆとり教育・・・このような時代の中で育った「いまどき社員」。良いことは言うのに、行動が伴わない。厳しく注意するとすぐに折れる。何も言わないと動かない。言ったことしかやらない。そんな社員でも、1年経てば後輩を育て、10年後・20年後には、経営幹部として会社をリードする存在にならなければなりません。しかし、私たちが育ったように「見て覚えろ!」「気合いだ!」「とにかく売れ!」というだけでは、彼らは育ちません。だからこそ、今、人財育成に多くの時間と労力をかける必要があり、彼らの価値観や育った環境も理解しつつ、私たちも変わらなければならないのです。

3.大切なものを大切に~若きリーダーがつくる人が輝く職場風土~
私は、一社員として「良い会社をつくりたい!」という想いをもって、これまで様々なプロジェクトを推進してきましたが、常にES(社員の満足)・CS(お客様の満足)・MS(経営の満足)の間で悩んでまいりました。皆さまも、社員とお客様、業績の間で日々同じような葛藤があるのではないでしょうか。 大切なのは、満足ややりがいをどう考えるかです。「モノの豊さ」から「心の豊かさ」へ世の中の価値観が変化する中で、「本当に大切なものが大切にできていない」と感じるのであれば、若きリーダー自ら思い切って変えてみるのも必要ではないでしょうか。

◆企業研修概要

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA

あなたにオススメの講師

Page Top