吉田沙保里・栄和人

よしださおり・さかえかずひと
吉田沙保里・栄和人

肩書き
レスリング日本代表・日本レスリング協会女子強化委員長
出身・ゆかりの地
三重県

この講師のここがおすすめ

オリンピック3連覇を果たした今もさらなる高みをめざし、歩み続けるレスリング女王吉田沙保里選手と彼女を支え続ける監督栄和人氏の二人三脚の日々。勝利への執着心、夢や情熱を持ち続けることの大切さなど、二人のドラマは今なお現在進行形である!

“ブログ”「元気の源~オリンピック金メダルへの挑戦~」トークショーレポートはこちら
“ブログ”「203戦、負けない自分の作り方」トークショーレポートはこちら
”ブログ”「オリンピック4大会 金メダル3、銀メダル1という前代未聞メダル獲得!」トークショーレポートはこちら

プロフィール

◇吉田 沙保里(レスリング日本代表)
三重県津市生まれ。
ロンドン五輪レスリング女子で3連覇を果たし、国民栄誉賞を受賞。
父の指導により3歳でレスリングを始め、世界ジュニア選手権、アジア大会、世界選手権、ワールドカップなど、立て続けに優勝。アテネ・北京・ロンドン五輪にて金メダルを獲得。
2016年リオデジャネイロオリンピックでは銀メダルを獲得。
2016年111日、母校である至学館大学の副学長に就任。
【ギネス記録】
UWW(世界レスリング連合)レスリングの世界タイトルの最多優勝回数16(個人)
UWW(世界レスリング連合)レスリングの世界タイトルの最多優勝回数16(女子)
UWW(世界レスリング連合)レスリング世界選手権の最多優勝回数13(女子フリースタイル)
オリンピック女子レスリング軽量級の金メダル最多獲得数3

栄 和人(日本レスリング協会女子強化委員長、至学館大学教授)
鹿児島県奄美市出身。
1976年、鹿児島商工高校(現:樟南高校)でレスリングをはじめ、日本体育大学に進学し全日本選手権大会6回優勝。
世界選手権大会で銅メダルを獲得し、現在は至学館大学 教授、日本レスリング協会女子強化委員長、至学館大学(元中京女子大学)レスリング部監督。
教え子に、吉田沙保里、伊調馨、小原日登美、登坂絵莉、土性沙羅、川井梨紗子、伊調千春などオリンピックメダリストを輩出している。

主な講演のテーマ

1.常に向上心 金メダルにタックル!
2.オリンピック3連覇への道
3.挫折からの復活
4.勝利への道~金メダルの瞬間~
5.夢や情熱を持ち続けることの大切さ
6.究極の人材育成とは

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top