映画監督

カテゴリー説明

映画が誕生したのは19世紀のこと。音声が無い映像だけの「サイレント」の時代から映像に音声をリンクさせた「トーキー」へと進歩したことで、大衆娯楽としての地位を確固たるものにしました。テレビがまだ無かった時代、時の政府がスローガンや政策を広めるための国策映画が作られました。特に戦争が行われている時には、戦意高揚のためや自国に有利なニュース映画を作り、敵国についてネガティブイメージを植え込むためにも利用されました。
日本もかつては戦意高揚のために映画が利用されましたが、戦後はアメリカの影響も受け、映画の全盛時代が続きました。しかし、テレビや洋画の普及が人々を映画から遠ざけてしまいました。そうした映画会において冬の時代が長く続くことになりますが、黒澤明監督や小津安二郎監督など大物監督が映画会を引っ張っていきました。
映画監督が映画を通して伝えたかったこと…「平和と人権」「人の愛」「日本の世界」「人間」「歴史」など多岐に渡ります。一つの映画を制作するに当たり、監督は各々のテーマを深く掘り下げ追及していく中で得た一つの答えのようなものを講演やトークショーを通して聞くことができます。
「映画監督」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

た行

Page Top