金銭・会計術

カテゴリー説明

少子高齢社会、社会保障費の増大、長期化する日本経済の低迷、雇用情勢の不安定化などの影響を受けて、家計を悪化させる状況がバブル崩壊以後、現在に至るまで続いています。このように人口構造が変化して、不景気が続いてきた結果、世界でも類を見ない長期間のデフレ経済となり、そうした経済が定着しているように思われるほど、日本経済も家庭の家計も大変な状況になっています。
デフレ経済の常態化によって、労働者の収入も上昇することがほとんどなくなってしまいました。その結果、安いものを求めて買い物をするのが当たり前になり、人々の関心が節約に向くようになり、ついには「節約ブーム」と言われるような事態まで招きました。
そうした背景から、ファイナンシャルプランナーや社会保険労務士による個別家計診断や相談がマスコミで取り上げられるようになりました。また家計指南の書籍や節約のための家計簿なども出版されるようになりました。
「貯蓄から投資へ」と国も制度を整備してデフレ克服へ動き出しています。景気回復の兆しも影響して、節約一辺倒から比較的安定的な株式投資や投資信託、外貨貯金から多少のリスクを取るFX取引なども最近では関心を集めています。
マスコミなどが取り上げる家計術というものが流行りを作ってしまう傾向があります。しかし、収入や持っている財産や家族構成など、各家庭によって様々です。自分たちに合った家計術を見極めることが最も大切です。
「金銭・家計術」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

  • 長尾 公二

    長尾 公二

    ながお こうじ

    ファイナンシャル・プランナー

は行

ま行

  • 松岡 祐作

    松岡 祐作

    まつおか ゆうさく

    株式会社松岡祐作デザインオフィス代表取締役

  • 松山 和正

    松山 和正

    まつやま かずまさ

    401Kコーディネーター

  • 宮永 裕美

    宮永 裕美

    みやなが ゆみ

    NPO法人 日本家計アドバイザー協会 代表理事

  • 村山 澄江

    村山 澄江

    むらやま すみえ

    司法書士

  • 森永 卓郎

    森永 卓郎

    もりなが たくろう

    経済アナリスト/獨協大学経済学部教授

Page Top