グリーフケア・ホスピス

カテゴリー説明

グリーフとは、死別の悲嘆や辛さのことを言います。大切な人を亡くした遺族は、その別れの辛さや環境の変化に戸惑い、傷ついてしまいます。従来はこうした悲しみは時間が徐々に癒していくものだという社会通念がありました。それは精神的に負担がかかり、身体的な異変が起こり日常生活に支障が出る、といった負の連鎖につながることも珍しくはありません。しかし、周囲からのサポートがあれば負の連鎖を防ぎ、立ち直ることを助けてあげられるはずです。そうしたサポートを考え実践するのがグリーフケアなのです。
グリーフケアとは、身近な人と死別して悲嘆に暮れる人が、その悲しみから立ち直れるようそばにいて支援することとされています。一方的に励ますのではなく、相手に寄り添う姿勢が大切だと言われています。一部の団体などによっては、グリーフケアアドバイザーの資格を作って、支援する人たちの養成を進めています。
一方ホスピスは、ターミナルケア(終末期ケア)を行う施設のことです。在宅で看護を行う場合もこれに含むとされています。
主に末期がんなどの患者に対して、緩和医療や終末期医療を行います。その医療の方針については、患者本人が自らの意思に基づき、尊厳を持って安らかな死を迎えるための、医療を施すのがホスピスです。闘病といったものではなく、人間らしい生活が重視されます。
遺族の心のケアをするグリーフケア、患者さんが安らかに死を迎えるまでの医療を行うホスピス。誰もが一度はきちんと考えておきたいことです。
「グリーフケア・ホスピス」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

  • 橋本 昌彦

    橋本 昌彦

    はしもと まさひこ

    シンガーソングライター

ま行

や行

Page Top