樋口 強

ひぐち つよし
樋口 強

肩書き
いのちの落語家/作家
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

樋口強氏は、43才のときに悪性度が高い肺がんに出会う。治療の後遺症である全身のシビレが続く中、いのちの大切さや生きる希望と勇気をテーマに「いのちの落語講演」を全国で開催。創作落語「いのちの落語ーあの日を忘れない」では被災者の思いを伝える。

“ブログ”「生きてるだけで金メダル いのちの落語家 樋口 強さん!!」講演レポートはこちら

プロフィール

1952年生まれ。企業人として東レ㈱で活躍していた43歳の時、悪性度の高い肺がんに出会う。手術と抗がん剤で乗り越えたが、全身のしびれという治療の大きな後遺症が今でも残る。
2001年から毎年がんの仲間と家族を招待して「いのちの落語独演会」を開催している。執筆の傍ら、いのちの大切さや生きる希望と勇気をテーマに「いのちの落語講演」を全国で開催する。
2011年には、社会に感動を与えた市民に贈られる「シチズン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

<主な講演実績>
行政機関
・県教職員研修会特別講演(愛知・滋賀など)
・人権啓発講演会(三浦市・大和市など多数の自治体)
・旭川市PTA研究大会記念講演
・社会福祉協議会総会記念講演(鹿児島県・香南市など多数)
・東京青年会議所記念講演  など多岐多数

  • 医療機関
    ・国立がんセンター中央病院講演
    ・東大病院がん公開講座
    ・がん研有明病院80周年記念講演
    ・長崎大学病院がん公開講座
    ・国立大阪医療センターがん公開講演
    ・愛知がんセンター50周年記念講演
    ・熊谷薬剤師会「薬と健康フェア」講演会
    ・AKIBA Cancer Forum  など多岐多数

<主なメディア出演>
NHK「ニュースウオッチ9」 、フジテレビ「アンビリバボー」 、テレビ東京「生きるを伝える」、
文化放送「キャンサーカフェ」、
サントリーCM「極の青汁」

新聞記事「笑いで伝える被災者の思い」
新聞記事「笑いは最高の抗がん剤」
新聞記事「がんを超え落語に生きる」

<主な著書>
「津波もがんも笑いで越えて」(東京新聞)
「最近、あなた 笑えてますか」(日本経済新聞出版社)
「いのちの落語」(文藝春秋)
「生きてるだけで金メダル」(春陽堂書店)
「つかむ勇気 手放す勇気」(春陽堂書店) ほか多数

主な講演のテーマ

1.笑いは最高の抗がん剤
2.生きてるだけで金メダル
3.最近、あなた笑えてますか
4.輝いて生きる三つの知恵
5.自分の生き方は自分が決める

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『津波もがんも笑いで越えて いのちの落語家が追った3.11』

    出版社: 東京新聞出版局
  • 『生きてるだけで金メダル』

    出版社: 春陽堂書店
  • 『最近、あなた笑えてますか』

    出版社: 日本経済新聞出版社

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top