岡田よしたかさん 講演会講師のご紹介


『ちくわのわーさん』や『うどんのうーやん』、『ハブラシくん』などのユーモアあふれる絵本で人気の岡田よしたかさんをご紹介します。

絵本作家・岡田よしたかさんは、1956年大阪府生まれ。
1987年より10年間、大阪市の無認可共同保育所で働きながら、個展・グループ展を重ね、私家版による画集も制作。

奇想天外なストーリーと味わい豊かな絵が大きな話題を呼び、子どもから大人まで幅広く支持されています。

絵本は自分がおもしろく感じるものが一番

絵本を描くときは、子ども向けとか大人向けとかは考えないという岡田さん。
自分がおもしろく感じるものが一番と思って作品づくりに取り組んでいます。

小学校や幼稚園で絵本の読み聞かせをするときは、「子どもが絵本を読んで、ただ「楽しい」と思ったなら、それで十分。子どもたちが、楽しいものを多く目にする、体験することがとても大切」という想いをこめているそうです。

岡田よしたかさん 講演会講師 レポート・感想文

子育て講演会、教職員研修、図書館での読み聞かせ会などにおすすめです。

>岡田よしたかさんについてのお問合せはこちら

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。
ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


さくらいりょうこさん 講演会講師のご紹介


その笛の音を聴くと涙があふれるという、日本全国で感動の渦を呼び起こした奇跡のオカリナ奏者・さくらいりょうこさんをご紹介します。

生きるを伝える

講演・演奏家としても幅広く活動してきた、さくらいりょうこさん。
難病クローン病との闘病、音楽の道への挫折、さらなる挑戦という波乱万丈な人生は、夢を持って生きる素晴らしさを多くの人に伝えています。

神戸弁の優しい語り口ながら、聞く人の心を掴み、深い感動とやる気を呼び覚ますこすと好評を博しています!

さくらいりょうこさんは、通常の講演会スタイルのほか、
オンラインでの講演会も開催可能です。

Zoom歴はオンライン教室で3年以上!
実績がある実力派講師の講演をぜひお聞きください!

* * *

自身の経験から、心の筋トレ・心の断捨離方法をはじめ、夢を叶えるためにチャレンジを続けることの大切さなどをお伝えいたします。

行政・学校・企業問わずオススメできる講師です。
生命保険関係、製薬会社研修会、看護・医療学校、ロータリークラブ、青年会議所、労働組合等多数実績を持つ講師のセミナーをぜひ体験してください。

>さくらいりょうこさんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


住田裕子さん 講演会講師のご紹介


テレビ番組コメンテーターとしておなじみの弁護士・住田裕子さん。
女性初の法務省民事局付検事、法務大臣秘書官などを歴任され、現在はNPO長寿安心会の代表として長寿社会の安全安心な社会づくりのために奮闘中です。

次の世代へのメッセージ 今私にできること

消費生活・高齢社会をテーマにした講演では、3つの「キン」力(筋力=健康、生活に必要な備え(貯え)、地域や身近な人との交流(近))をキーワードに、健康寿命や認知症のこと、年金以外に必要な生活の備え、地域とのつながりなどについて、わかりやすくお話しいただきます。

男女共同参画・ワークライフバランスをテーマにした講演では、弁護士という職業につかれるまでの、女性が職業人となることの難しさや、仕事と家庭、仕事と子育ての両立等さまざまなご苦労を実体験をもとにお話しします。女性の身近な話題から社会的な女性参画の意義に到るまで学びの多い講演内容です。

>住田裕子さんについてのお問合せはこちら

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽に ご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


寺脇健さん 講演会講師のご紹介


元文部科学省官僚・寺脇研さんをご紹介します。

寺脇さんは、東京大法学部を卒業後、1975年に旧文部省に入省。
「ゆとり教育」が推進された90年代、その旗振り役となり「ミスター文部省」と呼ばれました。ところが2000年代に入ると、学力低下論争、ゆとり教育批判の矢面に立たされ、2006年に退官、現在は、大学で教育・芸術論などを教えながら、各地で講演活動を続けています。

<主な講演のテーマ>

  1. 21世紀を生き抜く人間をどう育てるか
  2. 学校現場に元気を取り戻すには
  3. 「ゆとり教育」の真実
  4. 文化の力で社会を豊かにする

<聴講者の感想>

  • 総合学習の大切さがよく分かりました。
  • ゆとり教育の是非について関心があったので、寺脇氏の話を聞いてみたかった。教育と地域のつながりや共生についての話が良かったです。
  • 競争でなく共生という考え方に共感を持ちました。競争の時代から共生の時代に変えていかなければならない、それが明るい未来の必須条件なのだと思います。

* * *

子どもの人権、青少年育成・子育て、教職員研修、文化講演会などにおすすめの講師です。ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>寺脇研さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。


伊藤真波さん 講演会講師のご紹介


伊藤真波さんは、交通事故により片腕を切断。
一度は看護師になるという夢を諦めざるを得ませんでした。しかし、一度しかない人生をもう二度と後悔したくないと夢に向かってもう一度歩み始め、日本初の片腕義手の看護師となりました。2008年北京パラリンピックでは4位に入賞。

そして、どんなときにも側で支えてくれたお母様を喜ばせたいという思いで始めたバイオリンも発表会で披露できるほどの腕前に…!

「あきらめない心」と題した講演会では、様々な経験を通じて、“あきらめない”“という言葉の本当の意味や、人の絆の大切さなどをお伝えします。

伊藤真波さん 講演会講師 レポート

PTA・教育講演会、人権、夢、いのち・家族の絆などをテーマにした講演おすすめです。実績多数、実力派講師です!ぜひ一度プロフィールをご覧ください。

>伊藤真波さんプロフィール

※講演料・講師に関するお問い合わせはこちらのフォームもしくはお電話06-6456-5666からお気軽にご連絡ください。ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。