演劇・人形劇・朗読

カテゴリー説明

人が歩んできた人生、あるいはその一部のドラマチックな部分や回想、そうしたものが大衆演劇の素材となっていることが多くあります。フィクションもドキュメンタリーものも、人と人が繰り出す物語が演劇として作られ、人々に感動やメッセージを伝えます。
現代においてはテレビドラマや映画がその典型例ですが、今なお生で上演される演劇や人形劇は、その迫力や臨場感から根強い人気があります。
またこうした演劇は、制作費用などが低価格で抑えられることもあり、扱われるテーマも珍しいものが少なくありません。親子など家族の絆をテーマにしたもの、郷土史を伝えるもの、伝統芸能を伝えるもの、なかなか光が当たらない社会問題を題材にしたものなどがその例です。これらは多くの人が動員できないこともありますが、多額の費用を必要としないものの、来場者には確実に伝えることができるのです。
また朗読会なども多数行われています。幼児を対象とした読み聞かせから、視力が低下して読書をすることが困難な高齢者のための朗読もあります。また著名な作家などが出版した本を使って、朗読会を行うことも多くなりました。実際の著者に会えるということもあり、全国各地で出版記念会と同じように人気を集めています。
「演劇・人形劇・朗読」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

わ行

Page Top