ゴミ問題・エコロジー

カテゴリー説明

日本はかつて徹底したリサイクル社会でした。割れた食器を直す、傘を貼り直す、破れた衣類を直す、汚物を農村で肥料として転売する、そうしたことが当たり前のように行われていました。しかし時代は工業化へと進み、現代社会はそうした工業製品を大量生産し大量消費する時代になりました。ゴミの焼却技術も高度になり、埋め立ても積極的に行われるようになり、リサイクルへの意識が希薄な時期が続いてきました。
しかし埋め立てをするにも限界があり、ゴミを捨てる場所を今後も確保していくことが難しくなってきました。また様々な物をまとめて焼却してしまうことによって、有害物質が排出されてしまうこともわかってきました。そうした問題が徐々に認知されるようになってきて、一般人にもゴミ問題が身近なこととして意識されるようになってきました。
ゴミの処理の多くは自治体が管轄しており、地域によって取り組みに差はあるものの、どこの地域でもゴミの分別が行われています。家庭用電化製品でも従来は粗大ごみなどで処分されていましたが、最近では家電リサイクル法が制定されたことによって、処分する際には所定の回収方法によって処分することが義務付けされました。義務付けされていない携帯電話などにおいても乾電池と同じように販売店などで回収する仕組みができています。
ペットボトルの再利用から衣類が生産されるなど、エコロジーな取り組みから新しい産業や製品が生み出されています。継続的な取り組みがさらなるエコロジーを広めていくことになります。
「ゴミ問題・エコロジー」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

Page Top