演芸・クラウン・マジック

カテゴリー説明

演芸には、講談、漫談、腹話術、紙切り、太神楽、ジャグリングなど観衆の目の前で繰り広げられる芸能があり、大衆芸能とも呼ばれています。
中でも、マジックはいつの時代も人の目を釘付けにします。おなじみのカードマジック、鳩やハンカチ、コインを自由自在に消したり出したりするものから人体切断マジックやイリュージョンと呼ばれる大掛かりなものまで、その内容は様々です。最近ではテーブルの中だけで様々なマジックを繰り広げるテーブルマジックが比較的新しいことやテレビなどで取り上げられることもあり、特に人気が高まっているようです。
また、クラウンによるコメディミニサーカスや腹話術、太神楽、ジャグリングなどは、観衆があっと驚く演技を見せるものもあり、子どもからお年寄りまで一緒に楽しむことができます。
一方で、講談や漫談、漫才などでは、社会世相を皮肉ったネタや夫婦ネタなど大人の笑いを誘うようなものもあります。
日々忙しく暮らしていく中で、このように演芸は、私たちの暮らしにちょっとしたアクセントや笑いを与え、愉しみや息抜きとなります。
また、企業の記念事業・パーティー、自治体での啓発事業、学校教育での芸術鑑賞などで、演芸・クラウン・マジックは場を盛り上げ、人を楽しませ、情緒教育などに重要な役割をします。
「演芸・クラウン・マジック」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

は行

ま行

ら行

Page Top