自殺予防

カテゴリー説明

日本の自殺者の総数は、1998年〜2011年まで毎年3万人以上にのぼり、かつては「1日に100人程度自殺をしていることになる」とまで言われるほど、異常な状況が続いていました。2012年以降は3万人に満たない程度に減少していますが、それでも年間2万人以上もの人たちが自ら命を絶っています。
自殺の動機としては自らの健康問題が最も多く、次いで老老介護などをはじめとする家庭問題が続きます。また年齢層も相関性を裏付けるかのように60代が最も多く、40代50代と続きます。また最近は、職場や就職の問題などが起因となる自殺も増えており、20代30代の自殺の増加も顕著になってきています。
国や自治体も、自殺問題対策に乗り出し、また民間でもNPOなどが積極的に取り組んでいます。それぞれが相談窓口を設け、聞き取り調査や支援窓口への誘導など様々な活動が展開されています。
身の回りで自殺を目の当たりにすることは少ないかもしれません。しかし、自殺の要因を抱えている人は統計の原因から少なくないはずです。いつ誰が当事者になっても不思議ではありません。
自殺問題は身近に感じなくても、災害のようにいつ起こるかわからないのです。他人ごととして捉えるのではなく社会の中にある一つの大きな問題だと捉え、自殺の問題を理解し自殺予防に取り組むことが大切です。
「自殺予防」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

さ行

た行

な行

  • 中倉 茂樹

    中倉 茂樹

    なかくら しげき

    徳島県人権啓発青少年団体連絡協議会

  • 奈佐 誠司

    奈佐 誠司

    なさ せいじ

    プロ車いすダンサー

  • 野上 文代

    野上 文代

    のがみ ふみよ

    株式会社フューチャー代表取締役

は行

ま行

や行

ら行

わ行

  • watari

    watari

    わたりとしお

    芸術療法士

Page Top