看護・在宅医療

カテゴリー説明

従来、病気を患っている人は、軽い症状や回復手前以外であれば、病院に通うか入院するかのどちらかを選んで治療していました。しかし現代の医療で症状がこれ以上改善することが無い場合、いつまでも入院していることは病院にとっても患者本人にとっても大きな負担となります。しかし、そのまま退院しても支援者の手助け無しに健常者のような生活を送ることが不可能というケースも多くあります。そうした患者や家族のニーズに対応するために、看護・在宅医療が注目されています。外来・入院についで第三の医療とも言われています。
看護・在宅医療は、病院外で行われることを言いますが、これは患者本人の家はもちろん、老人ホームなどの福祉施設などでも行われています。
医師による診療や往診、看護師による訪問看護、理学療法士や作業療法士や言語聴覚士による訪問リハビリテーション、薬剤師による助言、栄養士による食事療法の指導などがあります。
医療技術の進歩や医療設備の充実によって、8割の人が病院で亡くなっています。この状況を踏まえて看護・在宅医療を推進しています。2006年に成立したがん基本対策法にも、がん患者の居宅療養生活(看護・在宅医療)の質の維持・向上を打ち出しています。
制度は整備されていってはいますが、まだ十分とはいえません。まず担い手が不足しています。担い手が少ないゆえに看護・在宅医療にかかる費用も通常の医療よりも高くなることもあります。超高齢社会を迎えた今、看護・在宅医療の現状を知っておくことは、今後の生活設計を立てる上で非常に重要になります。
「看護・在宅医療」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

さ行

  • 柴田 孝之

    柴田 孝之

    しばた たかゆき

    菰野町長

  • 鈴木 中人

    鈴木 中人

    すずき なかと

    いのちをバトンタッチする会代表

  • 瀬川 文子

    瀬川 文子

    せがわ ふみこ

    コミュニケーションインストラクター

  • 惣万 佳代子

    惣万 佳代子

    そうまん かよこ

    特定非営利活動法人デイサービス「このゆびとーまれ」 理事長

た行

な行

は行

ま行

Page Top