ケビン・ショート

けびん・しょーと
ケビン・ショート

肩書き
里山研究家/自然史ライター
出身・ゆかりの地
千葉県

この講師のここがおすすめ

千葉県在住のケビンショートさんは、日本に滞在するうちに、日本の田舎の自然と人間の共存のあり方に興味をひかれ、里山自然を研究のテーマとし、現在はRCNの主催する北総里山カレッジ主任講師や水系ウォークの里山ガイドなどを務め、RCNの強力なパートナー。

プロフィール

1949年米国ニューヨーク生まれ。
大学で物理・電子工学を学ぶが、ベトナム戦争に徴兵され、1971年に陸軍兵士として駐日。日本で初めて「異文化」体験に目覚める。軍の仕事をしながら上智大学国際部(現・比較文化学部)に入学、日本史、日本文学などを学んだ後、アラスカ大学で人類学修士号取得。
再び日本に戻って小樽の小さな漁村に3年間住み込み、フィールドワークを行った後、スタンフォード大学で博士号を取得。
16年前から千葉ニュータウンに在住し、エコロジスト、環境生態学者として活躍。
現在は東京情報大学環境情報学科教授。

<主な著書>
『Dr.ケビンの里山ニッポン発見記』、『ケビンの観察記海辺の仲間たち』、『ケビンの里山自然観察記』、『東京ネイチャー・ウオッチング』他多数

主な講演のテーマ

1. 里山の変化が農村に及ぼす影響
2. 里山自然は、超巨大なジグソーパズルだ!
3. 私の自然教室
4. ケビンの観察記・日本の海辺と自然保護
5. 里山の自然・風景・文化

カテゴリー

福祉・高齢・介護・医療
環境・防犯・防災・消費生活
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『キッズ・エコ (EOLキッズ)』

    出版社: ソニーマガジンズ
  • 『ドクター・ケビンの里山ニッポン発見記―カントリーサイド・ウォーキングのすすめ』

    出版社: 家の光協会
  • 『東京ネイチャー・ウオッチング』

    出版社: 講談社インターナショナル

あなたにオススメの講師

Page Top