安藤 和津

あんどう かず
安藤 和津

肩書き
エッセイスト
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

安藤和津さんの著書『オムツをはいたママ』は、実母の介護生活の中で、様々な問題を抱えながらも前向きに立ち向かっていく様子を、介護システムの疑問点も交えながら軽妙な筆致で描かれている。2015年1月女性セブンの連載でも取り上げられ話題になる。

“ブログ”「明日を素敵に生きるには」講演レポートはこちら

プロフィール

東京都生まれ。学習院初等科から高等科、上智大学卒業後、イギリスへ2年間留学。
1978年、俳優/映画監督の奥田瑛二氏と結婚。二人の娘の母。
現在、女性の生き方、ファッション、教育問題、身近な環境問題やエネルギー問題、自身の介護経験、料理をテーマにした講演会、トークショー、司会、審査員、パネラーとして活躍中!

<主なメディア出演>
YTV「情報ライブ ミヤネ屋」《準レギュラー》13:55~15:50(全国放送)
文化戦略会議エンジンゼロワン メンバー
法教育推進協議会委員(法務省大臣官房司法法制部主催)
福島県ブランド認証委員(福島県商工労働部主催)
福島県しゃくなげ大使(福島県親善大使)

<主な著書>
『月うさぎ』(夫婦共作絵本:あすなろ書房) ※日本図書館協会選定図・全国学校図書館協議選定図書
『女盛りは子育て盛り―MOMOKO & SAKURA』(文化出版局) 『あいうえお 安藤和津の主婦と生活』(PHP研究所) 『愛すること愛されること』(エッセイ:講談社) 文庫版 『てきぱき家事絵本』(小学館)、『ピーターパン・パートナー』(翻訳:祥伝社) 『忙しママの愛情レシピ121』(講談社)、『さくらうさぎ』 (夫婦共作絵本:三起商行「ミキハウス」)
※『オムツをはいたママ』―母との愛と格闘の日々(グラフ社)
実母の介護生活の中で、様々な問題を抱えながらも前向きに立ち向かっていく様子を、介護システムの疑問点も交えながら軽妙な筆致で描いている。読む人の心を強く打ち、介護にあたる多くの人々へのエールとなる。

主な講演のテーマ

1. 明日を素敵に生きるには ~介護・人生観を含めたトータル的な内容~
2. 今だから子供達に伝えたいこと ~子育て・教育問題 等~
3. 私たちにもできる身近なエネルギー ~環境問題《家庭でできる省エネ法》~

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
環境・防犯・防災・消費生活
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『オムツをはいたママ』

    出版社: グラフ社
  • 『さくらうさぎ』

    出版社: 三起商行
  • 『愛すること愛されること』

    出版社: 講談社

あなたにオススメの講師

Page Top