大前 光市

おおまえ こういち
大前 光市

肩書き
義足ダンサー
出身・ゆかりの地
岐阜県

この講師のここがおすすめ

義足ダンサー・大前光市さんは、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式で、東京大会へ引き継ぐセレモニーに出演し、パフォーマンスを披露。競技場を埋めた観衆を釘付けにしました。その驚異的なダンスだけでなく、「どうすれば“義足”というハンデを背負いながらも、ダンサーとして認めてもらうことができるのか」…微かな希望を信じて、踊り続け、プロダンサーになる夢をつかんだ経験談を伝えるため、講演も活発に行っています。

プロフィール

1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。
大阪芸術大学でクラシックバレエを学ぶ。本格的なコンテンポラリーのテクニックや、振付のメソッドも習得し、在学中から注目を集める。卒業後、プロダンサーとしてスタートを切った23歳の時、交通事故で左膝下を切断。片足でも踊り続けるために、ヨガや武道、新体操など幅広いジャンルの動きを学ぶ。
2008年、世界で活躍したバレエダンサーやブレイクダンサーが所属する、実験的アーティスト集団Alphact(アルファクト)に参加。作品に合わせて長短様々な義足を使い工夫することで、世界にふたつとないダンススタイルを築く。2009年セルリアンタワー能楽堂の定期公演では、世界的ダンサーで振付家のアレッシオ・シルヴェストリンの作品で、能楽師・津村禮次郎と共演。片足でも魅せられるダンサーとしてその名を知られるようになる。
2010年、全日本洋舞協会合同公演・なにわ芸術祭では、舞踊作家部門新人賞および大阪府知事賞を受賞。近年では、タリンやプラハなど、伝統ある海外の舞台にゲストダンサーとして招かれるほか、大手バレエ用品企業“チャコット”にて新商品「Tripure」のイメージキャラクターに就任するなど、活動の幅を広げている。
新国立バレエ団でプリンシパルとして活躍した、マイレン・トレウバエフ氏からは「今の日本に、彼の放つ存在感と表現力を超えるダンサーはひとりもいない」との賞賛を受ける。
「障害」による肉体的・精神的なダメージに打ち勝ち、プロダンサーの夢をつかんだ経験談を伝えるため学校、一般の方向けなどでの講演も多数行う。

<主な活動>
実験的アーティスト集団「Alphact」のメンバーとして活動
大人からバレエをはじめた人達に向けた、『大人からはじめるHAPPYバレエ!』を開講

<主な受賞>
2008年 9月 中野国際洋舞コンクールにて入賞1位
2008年10月 DANCE COMPLEX2008にて優勝
2010年 6月 全日本洋舞協会合同公演(なにわ芸術祭)にて、舞踊作家部門新人賞、大阪府知事賞、大阪市長賞を橋下徹より授与される
2013年12月 あきた全国洋舞祭モダンダンスコンクールにてあきたこまち賞(4位)を受賞
2014年 3月 DCアワードにて審査員特別賞(最優秀賞)を受賞
2015年 8月 中野国際洋舞コンクールにて第2位受賞
2015年 8月 北九州&アジア洋舞コンクールにて第1位及び福岡県知事賞を受賞
2016年 2月 Dance Competition in 仙台にて モダンダンス第1位、及び宮城県知事賞・河北新報社賞・チャコット賞を受賞

<主なメディア出演>
2008年 4月 読売新聞全国版に記事が掲載される
2008年 7月 NHK「きらっといきる」出演
2015年~  関テレCM「超えろ!」出演中
2015年 9月 NHK 「ハートネットTV~ブレイクスルー 唯一無二になる」出演
2016年 2月 NHK「NEXT 未来のために 無様でいい もっと自由に」出演
2016年10月 NHK「東京2020 12時間スペシャル」「ブレイクスルー ダンサー大前光市 リオから世界へ」出演

主な講演のテーマ

1. チャレンジ
2. 唯一無二になる
3. できないと思う”心”が”障害”
4. ダンス&トークライブ
5. 自分の長所を活かそう

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
文化・生涯・国際・異文化交流
イベント・音楽・芸能

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top