桂 こけ枝

かつら こけし
桂 こけ枝

肩書き
落語家
出身・ゆかりの地
香川県

この講師のここがおすすめ

落語家桂こけ枝さんは、古典・創作落語はもとより、落語の魅力をオペラ、芝居、人権、子育て、福祉、健康など幅広いジャンルに持ち込み、独特の風貌、ほのぼのとした語り口での口演は全国に多くのファンをうみだしています。こけ枝さんの「ほのぼの~噺」は好評!

プロフィール

出身地:香川県三豊市高瀬町
1990年 関西学院大学法学部を経た後、故・5代目桂文枝師(当時3代目桂小文枝師)に入門。
1991年 鎌倉落語会にて初舞台。古典・創作落語はもとより、落語の魅力をオペラ、芝居、人権、子育て、福祉、健康など幅広いジャンルに持ち込み、独特の風貌、ほのぼのとした語り口での口演は全国に多くのファンをうみだす要因である。

<主な活動>
NHK高松放送局「笑ってうたって しあわせ家族」に出演中。
NHK第2ラジオ「ともに生きる」のパーソナリティーを担当中。
FM香川にて毎週金曜日・土曜日レギュラー番組生放送中。
毎日放送「テレビのつぼ」で特集レポーターを担当。
香川医科大学教養特別講義の講師を担当。
瀬戸内総合学院、臨時講師を担当。
劇団786・桂こけ枝一座の座長を務め、芝居の分野にも芸域を広める。
落語とオペラを融合させた「らくごぺら」に毎年出演。

主な講演のテーマ

1. こけ枝のほのぼの人権噺
2. こけ枝のほのぼの健康噺
3. こけ枝のほのぼの福祉噺
4. こけ枝のほのぼの安全噺
5. ニコニコ笑顔で健康生活

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top