露の団六

つゆのだんろく
露の団六

肩書き
落語家
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

落語家の露の団六さんは、落語活動の傍ら、全国各地で300回以上の講演活動をされています。講演では「噺家が考える人権~ダウン症のアニキをもって~」と題し、兄と両親との話、地域との関わりから、みんな同じ人間で障がいがあっても、なんら変わりはないことを分かりやすくお話して頂けます。

プロフィール

1958年生まれ。
1977年 神戸大学教育学部入学
1980年 2代目露の五郎に入門し、露の団六となる。
1982年 神戸大学教育学部卒業(小学校教員免許取得)
独演会 「露の団六の会」 大阪・神戸を中心に年1回開催“船弁慶” “二番煎じ”など一門ゆかりの大ネタに挑戦したり、インド古典楽器シタールとのジョイントで“西遊記”を公演するなど、毎年意欲的に取り組んでいる。ニュース番組のキャスターも務めた。
現在、落語活動の傍ら、広島大学医学部と兵庫県立西宮南高校で特別非常勤講師も務めている。

<メッセージ>
自著『あほやけど、ノリオ―ダウン症のアニキをもって』の出版以来、全国各地で中高生、PTA、人権の会などに呼ばれています。旅好きの私にとって、大変ありがたいことと喜んでいます。
その際、できる限り、講演とともに落語をやらせてもらっています。一人でも多くの人に落語と接してもらい、一人でも多くの人に落語を好きになってもらい、障がい者への理解も深めてほしいと思います。

<過去の活動>
神戸山手女子短期大学国文学科 非常勤講師
大阪成蹊大学芸術学部 非常勤講師

<主な出演メディア>
ラジオ:AM神戸(ラジオ関西)1987年~2001年「露の団六のニュースの大通り」
1999年「話題屋団六大通り」
TV:NHK「上方落語特選」

>>新聞記事「ダウン症の兄と幸せやった」

主な講演のテーマ

1. 噺家が考える人権 ~ダウン症のアニキをもって~
2. あほやけどノリオ ~兄は楽しい?障がい者?~
3. 同じ人間として
4. 笑は生活必需品
5. 互いが尊重し合える働きやすい職場をめざして
6. 障がい者雇用問題について ~ダウン症のアニキをもって~
7. 高齢者、障がい者にやさしい社会をめざして
8. 落語家が見た成年後見制度 ~ダウン症のアニキの後見人として~
9. 人生明るく朗らかに
10. きみらどうやねん?(小・中学生向き)

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『あほやけど、ノリオ―ダウン症のアニキをもって』

    出版社: 中央法規出版

講師からのメッセージ

講師からのメッセージ全文はこちら

どうも、こんにちわ。露の団六(つゆのだんろく)です。
え~、おかげさまでこういう商売させていただいておりますので、北海道から沖縄、まあ結構日本中いろんな所でしゃべらせていただいております。ま、地方が多いのでせっかくですから生の落語を一席聞いていただきまして、おトイレ休憩か何かを取りまして、そのあと本題をしゃべらせていただく。
まあ、私の場合多いのが「障がい者のアニキを持って」というテーマが多いんですね。えー、たまたまですけど私のアニキはダウン症という まあ、障がいという言い方は好きじゃないですけども、今、寝たきりなんですね。でまあ、そういう話を主にほかにもダウン症だけじゃなくて、目が見えない、耳が聞こえない、歩けない、しゃべれない、いろんな方がいらっしゃいますけど、身近におるダウン症、特に兄弟ということで、いろんな所へ行かせていただいて、ま、私のアニキの場合はこういう老け方をしました。もう今は老後と言ってもいいと思うんですけど、こういう状態になりました、一人で便所は行けませんでした、お風呂も入れませんでした。食事はポロポロこぼしました。ま、もちろん個人差はありますから、しっかりと自分でできる方もちろんいらっしゃいます。ま、私が見聞きした範囲でわかる範囲でしゃべらせていただいております。
ですから、これ今自分には関係ないと思っておられましても、ひょっとしたら自分の息子さん、娘さんの配偶者の兄弟にそういう方がいらっしゃる、あるいは子どもを産む、ま、孫さんですね。孫さんにそういう症状が現れる、これは千分の一とかの確立で確実にあります。別に脅すわけやないんですけどもうちの場合はね、親はびっくりしましたよね。手を挙げて万歳するようなもんじゃないですから、そっからまあいろいろとあったというね。そりゃみなさんもひょっとしたら経験する可能性ありますよということを言わせていただいております。
それと、ちょっと母親が要介護1ということになりまして、今度老人ホームへ入ることになりました。で、成年後見人というのをご存じですかね。それを母親がやってたんですけど、とてもちょっとできないということで、私が引き継ぎました。大変でした。裁判所、家庭裁判所へ2回、法務局へ1回、それから住民票を変えるのに区役所、もういろんなことで走り回りまして、ま、一応成年後見人というものになりました。
もちろん、報酬はゼロです。まだ、なって間がないんでそんなに今のところは大変じゃないんですけど、まアニキが寝たきりで入院してる施設で、下着であったり、冬やったらセーターであったり、そういうのを送るという作業があります。ま、成年後見人は司法書士さん、弁護士さん、もちろんやって頂けるんですけど、こういう方はもちろん報酬はとられます。当たり前です。我々兄弟家族の場合はそれはないです。報酬もらおうと思えば、アニキの貯金から、アニキの貯金通帳全部預かってますんで、そこから勝手に自分で使いなさいということで、公的な我々に対する報酬というのはもちろんございません。ま、そういうことも含めて、アニキを含めて、障がい者といわれる方が成年後見人という、しかも家族がやってるということ、そういうことを今いろんなところでしゃべっております。
呼んでいただければね、どこでも行きます。日本と言わず、シリアであろうがイラクであろうがイスラエルであろうが、できればハワイかどっか行きたいんですけどもね。まあ呼んでいただければどこでも喜んでいきますんで、気軽に声、かけてやってくださいませ。
ご連絡はですね、コーエンプラス オフィス愛 こちらの方へできましたら、ご一報くだされば、私どこでも行きますんで、今ちょうど行きたいのはオーストラリアの西海岸でございますね。ゴールドコースト、それかサンフランシスコ。もういい加減にせえっちゅうんですよね。あのどこでも行きますで、声かけてくださいませ。どうぞよろしくお願い致します。

聴講者の声

  • 私はダウン症の女の子です。大変な事がたくさんあるけど、私も団六さんのお兄さんもいろいろおありだと思います。だけど、希望を持って生きて下さい。きっと幸せを運んでくれる毎日を過ごせると信じて下さい。
  • 前半は笑いをいただき、ありがとうございました。後半、母親の気持ち…涙が出ました。誰でも幸せに生きられるのを祈っています。
  • うちの子どももダウン症です。いっぱい泣いて泣いて、今はこの子にとても癒されて、いっぱいいっぱい笑えるようになりました。いいお話ありがとうございました。
  • これからも障害の方たちにも、楽しいお話をきかせてあげて下さいね。
  • 障がいをもつ人がこの世に存在するのは、私たちが気づかない、人間や地球にとって大切なことを伝えるためである、と考えることがあります。どの人間も何か役割をもって存在しているのでしょう。いいアニキをもたれましたね。
  • お兄さんに対する愛情が伝わってきました。お話になっていた社会になるよう、望んでいます。
  • お兄さんのことでいろいろご苦労なさったと思いますが、おもしろおかしく話してくださることで、暗い話にならずにすみました。本当に、障がい者という言葉のない社会を目指したいですね。
  • 障がい者という言葉がなくなる世の中にしていかなければと思います。(孫がダウン症です)いいお話をありがとうございました。
  • あなたは立派です。あなたの様な方が日本にたくさんおられたら、どんな住みよい社会になるでしょうか。(以前、多少なりともボランティアに関わった人間として)
  • ダウン症の実兄がいることを実直に、ご自身と同列にとらえられていることに勇気づけられました。
  • テンポよく軽快で、大変良く内容も理解できました。声量、体力、表情ともに敬服します。表現力の豊かさが見事です。
  • 43才ダウン症の長男の母親です。下に二人の弟がおります。弟の気持ちが理解できることを楽しみに参加させていただきました。お気持ち、100%受容できました。ありがとうございました。
  • 幼少期の頃の話をきくと、偏見の目も厳しいなという印象を持ちましたが、現代に比べ、地域全体での支えがあり、育ってこられたんだなと思いました。しかし、時代がかわっても、障がい者をもつ家族の方々と思いは、かわらないんだと感じました。障がいを持たれている本人、家族の思いを満たせるような社会にかえれるよう、私自身もがんばりたいと思いました。
  • 人権、命の大切さがよくわかりました。だれしもが平等に暮らせるように私たちも協力していきたいです。
  • ある意味「みんなが障がい者」、なるほどと思いました。そういう考え方で、誰もが生きやすい世の中を目指すということ、本当にそうなっていきたいと思います。
  • 私にはまだ子どもがいないのですが、講師先生のお話を聞かせてもらって、もし自分の子どもがダウン症に生まれたらどうだろうかと考えさせられました。答えは出ませんがダウン症について考えさせてもらえました。
  • 私も、落語を何度もききに行ったことがあります。 本日は、楽しい落語とともに兄のダウン症での体験話を聞かせてもらって感動させてもらいました。ぜひ、また繁昌亭に行かせてもらいます。
  • 自身の体験とともに、講演を聞かせていただき感動しました。教師という立場であり、今後の仕事の参考にしていきたいと思います。
  • ダウン症は名前は知っていたが、実のところあまり詳しくは知らなかった。今回、兄のりおとのダウン症と付き合い続けた母と弟のリアルな生活の話を聞いて、いろいろと考ええさせられることがありました。大変なことも多々あったと思いますが、がんばって生きてきた話を聞いてとても心をうたれました。本日は本当にありがとうございました。
  • 講演を聴いていて、健常者も障がい者も共に不自由なく健やかに生きる「ノーマライゼーション」という言葉を思い出しました。ある程度実現され、目指しているけれど100点ではない。でも実現されているのは障がい者やその家族の思いが社会に広がり、これまでの学校や社会での人権教育の取組があってのことだと思う。これからも「ノーマライゼーション100点満点」の社会をめざして人権教育の取組をさらに進めていかなければならないと思いました。

あなたにオススメの講師

Page Top