辻本 一英

つじもと かずひで
辻本 一英

肩書き
NPO法人「ヒューマンネットとくしま」 理事長
出身・ゆかりの地
徳島県

この講師のここがおすすめ

芝原生活文化研究所代表・辻本一英さんの講演では、無形民俗文化財「三番叟まわし」「箱廻し」「えびすまわし」「大黒まわし」等の伝統人形芝居と併せて、「人権文化を考える~福を運んだでこまわし~と題して、人権・同和問題、福祉、文化関係の講演活動を行っています。

プロフィール

1951年生まれ、徳島市出身。
NPO法人「ヒューマンネットとくしま」理事長。芝原生活文化研究所代表。
阿波木偶箱まわし保存会顧問。芝原生活文化学級・芝原自主夜間学校を主宰。
徳島県部落史研究会会長。徳島ペンクラブ理事
1998年に、芝原生活文化研究所を設立。徳島県内の被差別部落における生産と労働を中心とした生活文化の調査研究にとり組む。また、阿波木偶箱廻しを復活する会を組織して、「三番叟まわし」「箱廻し」「えびすまわし」「大黒まわし」等の無形民俗文化財の伝承を手掛ける。現在、全国各地の人権・同和問題の講演をはじめ、福祉、まちづくり、文化関係の講演活動を行う。

1979年 芝原高校生友の会を組織する。生活文化の聞きとりを始める。
1987年 部落解放国府青年会議を組織する。
1992年 芝原の生活文化を教材化する会を主宰する。
1994年 芝原自主夜間学校を開設する。
1995年 阿波木偶箱廻しを復活する会を組織する。
1998年 芝原生活文化研究所を主宰する。
2000年 第52回全国人権・同和教育研究大会(高知)で講演。
2001年 第32回部落解放・人権夏期講座(高野山)で講演。
      第7回全国部落史研究会(香川)で、「阿波木偶箱廻しのあしあと」を報告。
2003年 フジテレビ「EZ!TV」で、門付けの「三番叟まわし」を紹介。
2005年 第57回全国人権・同和教育研究大会(宮崎)で講演。
2006年 第20回全国人権啓発研究集会(徳島)で講演。
2007年 NPO法人「ヒューマンネットとくしま」の理事長に就任。
     徳島県人権啓発事業「門付け芸の世界とじんけん」を企画。
2008年 徳島県人権啓発事業「じんけんを楽しむ・太鼓と猿と雑芸と」を企画。
2009年 フランスの世界文化センター主催のシンポジウムで箱廻しを紹介。
2010年 滋賀県・大阪府・徳島県で「門付け芸の世界とじんけん」を企画。
2011年 一人遣い伝統人形芝居公演を企画する。福島県・宮城県で被災地支援の取組を行う。
    「阿波木偶箱廻し」調査・伝承推進事業を企画し、徳島県・四国の基礎調査に取り組む。
2012年 中国。オランダの人形劇を招へいし、一人遣い伝統人形芝居公演を企画する。
      徳島県人権啓発事業を企画。 

主な講演のテーマ

1.人権文化を考える ~福を運んだでこまわし~
2.柔軟な発想からはじまる人権のまちづくり
3.「福をどうぞ」~生きる勇気を運んだ三番叟~
4.ばあやんからのメッセージ
5.「春よこい」~えびす舞に思いをのせて~
6.「子の目・親の目」~光太郎の文鳥~

カテゴリー

官公庁向け
文化・生涯・国際・異文化交流
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『阿波のでこまわし』

    出版社: 解放出版社

あなたにオススメの講師

Page Top