高橋 明

たかはし あきら
高橋 明

肩書き
パラスポーツ指導者
シドニーパラリンピック車いすバスケットボール日本代表総監督
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

シドニーパラリンピック車いすバスケットボール日本代表総監督をはじめ、日本の障がい者のスポーツ振興の第一線でご活躍されている高橋明さん。2011年には厚生労働大臣表彰も受賞され、数多くのパラリンピックに監督やコーチとして参加。「障害は社会が作っている」 が持論。
講演では、「何ができないかではなく、何ができるか」と2つの「そうぞうりょく(想像力・創造力)」を活用する柔軟性の大切さをお話しいただけます。

プロフィール

1998年長野、2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京パラリンピックにおいて開・閉会式のNHKテレビ解説者を務める。ライフワークとして学校におけるPTA等への講演活動や地域福祉活動に情熱をもって取り組み、パラスポーツの振興と普及活動に尽力する。
現在、大阪体育大学、大阪府立大学、桃山学院大学、大阪産業大学に非常勤講師として勤める。NPO法人アダプテッドスポーツ・サポートセンター理事長。公益財団法人スペシャルオリンピックス日本理事。日本障がい者体育・スポーツ研究会理事長。社会福祉法人大阪市障害者福祉・スポーツ協会スポーツ振興部次長。

 現在の活動 
・ NPO法人アダプテッドスポーツ・サポートセンター理事長
・ 日本車椅子バスケットボール連盟 普及部 副部長
・ 近畿車椅子バスケットボール連盟 相談役
・ 大阪バスケットボール協会理事
・ (財)日本障害者スポーツ協会公認コーチ
・ 日本障害者スポーツ指導者協議会運営委員
・ 近畿障害者スポーツ指導者協議会会長

 主な指導歴 
1988年     ソウルパラリンピック 日本選手団陸上競技コーチ
1992年     アルベールビル冬季パラリンピック 日本選手団総務
1994年     リメハンメル冬季パラリンピック 日本選手団総監督
1996年     世界身体障害者アルペンスキー選手権大会 日本選手団総監督
1998年     長野冬季パラリンピック 日本選手団副総務
2000年     シドニーパラリンピック 日本選手団車椅子バスケットボール競技総監督

 主な役職 
NPO法人アダプテッドスポーツ・サポートセンター理事長
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本顧問
近畿障害者スポーツ指導者協議会会長、日本障害者体育・スポーツ研究会理事長
日本車椅子バスケットボール連盟普及部副部長、日本車椅子ツインバスケットボール連盟顧問
大阪バスケットボール協会理事、一般社団法人アスリートネットワークアドバイザー

 主なメディア出演 
NHK総合「クローズアップ現代」「北京パラリンピック名場面集」「北京パラリンピック・開会式」
NHK教育「限界に挑むアスリート」

西日本新聞朝日新聞

主な講演のテーマ

『ノーマライゼーション社会の実現に向けて~障がい者のスポーツを通して~』
『障がい者スポーツの魅力と可能性』

パラリンピックの創始者であるグッドマン博士の名言「失った機能を数えるな、残った機能を最大限に活かせ」が障がい者スポーツの原点であり、「何ができないかではなく、何ができるか」と工夫を凝らすことが障がい者スポーツの最大の魅力です。
そして障がい(特長・特性・個性)やパラスポーツの魅力を知ることは、ノーマライゼーション社会の実現につながります。障がいをどのように捉えるか、各々の不便さを工夫したパフォーマンスを通して、勇気・元気・やる気の講演会をお届けします。

カテゴリー

人権・SDGs
ビジネス
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
スポーツ

著作紹介

  • 『障害者とスポーツ』

    出版社: 岩波書店
  • 『共に生きる―障害者のスポーツを通して』

    出版社: 文芸社

聴講者の声

  • 障がい者のポジティブに生きる姿を見て、感動して涙が出た。先生の言葉の1つに、道具やルールを少し変えるだけで障がい者と健常者も同じスポーツを楽しめる。絆を深めることができることが理解できた。
  • 今迄の障害を持った人に対しての考えや見方が変わりました。私自身は子どもの頃からスポーツ全般に苦手意識がありましたが、スポーツを通して障害を持った方がリハビリという目的のみではなく、自主的に機能を最大限に生かすための手段や自己実現に向けて取り組む姿を見ることができました。この事を他の人にも伝え、啓蒙していきたいと思います。
  • ノーマライゼーション社会の実現に向けて、私も身の回りのできる事からはじめたいと思いました。「何ができるのか」、何事も前向きに頑張っていかなければいけないと感じました。
  • 障害のとらえ方が変わった。仕事をしている中でも、できない事に目を向けている事が多かったと思った。また、自分自身にも障害があるが、自分でもする前から「私はできない」と思う事が多かった。これからは、気持ちの持ち方をかえていきたいと思う。もっと講義がききたいです。
  • “できることは何か”、障がい者の人だけではなく、自分自身にもいえることだなと感じました。今まで知らなかったスポーツで活躍している人を見て、人間として前向きに考えている姿を見て、すばらしいと思いました。
  • 障害と聞くと、どうしても『出来ない事』に目がいってしまっていたが、講義を聞いて『何が出来るか』という視点で見て行く事のすばらしさを知った。また、そういう観点をもって障がい者の方と接していきたい。電車などの席を譲る事はしていたが、その人が降りる時のことまで考えておらず、手伝ったり声をかけたりしていなかった。これからは、降りるときのことも考えて接したいと思う。

あなたにオススメの講師

Page Top