落合 博満

おちあい ひろみつ
落合 博満

肩書き
元プロ野球監督
出身・ゆかりの地
秋田県

この講師のここがおすすめ

野球好きなら誰もが知る名打者・名監督、落合博満さん。
成果主義、雇用流動化の時代には、これまでのようなトップダウン式の教育・指導方法は通用しません。講演では、常にトップを走り・育て続けた名将・落合さんが、自立型人間の育て方、常勝チームの作り方、勝つということ、プロの仕事ついてについて語ります。

プロフィール

1953年生まれ。秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身。
1979年ドラフト3位でロッテオリオンズ入団。1981年打率.326で首位打者になり、以後1983年まで3年連続首位打者。1982年史上最年少28歳で三冠王を獲得、1985年には打率.367、52本塁打、146打点という驚異的な成績で2度目の三冠王とパ・リーグの最優秀選手(MVP)に輝いた。1986年には史上初の3度目、2年連続の三冠王を獲得。1998年現役を引退。
通算成績は2236試合、7627打数2371安打、510本塁打、1564打点、65盗塁、打率.311。
その後、野球解説者、指導者として活動し、2004年より中日ドラゴンズ監督に就任。就任1年目から1年間の解雇・トレード凍結、一、二軍を振り分けない春季キャンプなどを行ない、チームはいきなりリーグ優勝。2007年にはチームを53年ぶりの日本一に導く。就任から8年間、2年に1回以上はリーグ優勝ないしは日本一、Aクラス入りを逃したこともない。2011年は球団史上初の2年連続リーグ優勝を果たし、「常勝チーム」を作り上げた。2007年には、プロ野球の発展に大きく貢献した人物に贈られる正力松太郎賞を受賞。2011年には競技者として、日本の野球の発展に大きく貢献した功績を永久に讃え、顕彰する「野球殿堂」入りを果たす。2013年に中日ドラゴンズ球団初のGMに就任。2017年1月31日GM退任。

主な講演のテーマ

1. オレ流のマネジメント~人の育て方~
中日ドラゴンズ監督時代は8年間連続でAクラスの結果を出し、リーグ優勝4度、2007年は53年ぶりにチームを日本一に導く。2011年には球団史上初となる2年連続のリーグ優勝を果たし、中日ドラゴンズを常勝チームへと変える。講演では常勝チームになるために取り組んだ人材育成術、組織論、勝負の勝つための戦略・戦術を余すことなくお話しします。

2. オレ流の野球~野球から学んだこと~
現役選手時代は史上初の三冠王を3度達成し、監督としてはリーグ優勝4回、2年連続リーグ優勝、チームを53年ぶり日本一に導くなど選手、監督として輝かしい成績を残す。選手、監督として結果を出し続けた背景にはご自身の経験に基づくオレ流の思考法があります。選手、監督としての成功体験に裏付けされた言葉は毎回聴講者の心に響きます。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ

著作紹介

  • 『采配』

    出版社: ダイヤモンド社
  • 『決断=実行 』

    出版社: ダイヤモンド社
  • 『コーチング―言葉と信念の魔術』

    出版社: ダイヤモンド社

あなたにオススメの講師

Page Top